レアル・マドリードのロペテギ解任に対するチェルシーへの影響

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 sportkeeda

先日フレン・ロペテギ監督を電撃解任したレアル・マドリードが据える新監督候補について、メディアが元チェルシー監督アントニオ・コンテを含む 3人を挙げて各々の就任への影響を予想しているようです。この動きには FW エデン・アザールの移籍にも大きく影響するため、チェルシーも高い関心を寄せているようです。

 

引用記事の和訳

日曜日のエル・クラシコに 1-5 で完敗を喫したことにより、フロレンティーノ・ペレスとレアル・マドリードは、フレン・ロペテギを解任するしかなかった。ワールドカップの開始直前にスペイン代表チームから奪われた監督としての彼の任命は、驚きをもって伝えられたかもしれない。

しかし、レアル・マドリード監督の解雇は、シーズン当初からの酷いスタートによって 10試合終了後にラ・リーガ中位で燻っているロス・ブランコスがいつでも切れるカードとして用意していた。この水準のクラブにとっては、毎シーズンにラ・リーガやチャンピオンズ・リーグで勝ち星を取れないものはすべて失敗と判断される。

レアル・マドリードは期待外れな監督をすぐに解雇する歴史があり、
ラファエル・ベニテスやホセ・アントニオ・カマーチョが最近すぐに解雇されたのは記憶に新しい。

常に成功とトロフィーが切望ではなく要求されるクラブである。

新しいシーズンが始まったばかりであり、サンティアゴ・ソラーリが暫定監督に任命されている間、レアルが新監督の任命を来夏まで待つことはありえそうもない。

ここで大きな疑問は、誰がワールド・サッカーで最も厳しい職務に就任するのだろうか?答えは、単にクラブ会長フロレンティーノ・ペレスにのみリンクしている。

ライバルと元会長のラモン・カルデロンは再び反撃を繰り広げており、ペレスは新たな監督の任命に関する声明を出す必要がある。すでにクリスティアーノ・ロナウドが去った後、サンチャゴ・ベルナベウは不安定だった。それに加え、この解雇は火に油を注いだ。

ペレスにはどのようなオプションがあるだろうか?メディアの報道が信じられるなら、それはアントニオ・コンテ、ロベルト・マルティネス、マウリシオ・ポチェッティーノのからの選択になる。

3つの可能性について議論しよう。これは、クリスティアーノ・ロナウドの抜けた空白を埋めるために舞台を銀河系軍団に変えると広く考えられているエデン・アザールに影響を与える可能性がある。

もし、ペレスがすぐに成功を求め、容易に入手できる監督を据えるなら、アントニオ・コンテが適任だ。このイタリア人はトロフィーを獲得する方法を熟知し、イングランドだけでなくイタリアでも印象的な記録を持ち、何より現時点でフリーである。

彼は達人の戦術家であり、バロンドールにノミネートされた 8人のプレイヤーがより良いパフォーマンスを出す必要があるとのクラブの声明で指摘したことを考慮して、レアルの必要性を最大限に引き出すことで知られている。

コンテがマドリードに移った場合、アザールはスタンフォード・ブリッジでコンテと冷え切った関係だったため、チェルシーのファンはホッと一息つけるだろう。

現在のチェルシー監督マウリツィオ・サッリがより攻撃的で自由にプレーできる役割を与えてアザールの能力を最高に引き出したのに対し、コンテは 3バックのフォーメーションの中でアザールにディフェンスの義務を強制していた。

もう一つの選択肢は、彼の攻撃的なサッカー観のファンが好むかもしれないロベルト・マルティネスだ。スペイン生まれの彼であれば、クラブでもっと歓迎されるようになるだろうし、居座りやすくなるだろう。

彼はベルギーの代表監督の立場であり、クラブに縛られていないので簡単に契約を結ぶことも可能だ。しかし、彼のクラブでの監督実績としては特段良いというわけではないし、ペレスはこのような重要な段階でこのギャンブルを喜​​んで受け入れることはできないだろう。

レアルはマルティネスを選ぶべきだ。そうすれば彼らはほぼ間違いなくアザールの移籍に調印できるだろう。この 2人はベルギーの代表チームで良好な関係を保ち、マルティネスはワールドカップで彼のマエストロにキャプテンマークを渡した。マルティネスによってアザールに与えられた攻撃的な役割によって、対戦国は恐怖が蔓延した。デュオはレアルで良い化学反応を起こし続けることができるだろう。

このレースのダークホースはマウリシオ・ポチェッティーノだ。レアル・マドリードがロペテギを監督に任命した時でさえ、彼らはまだ積極的に彼を追跡していると噂されている。アルゼンチン人監督は秀でたクラブ記録があり、スペインの RCD エスパニョールで結果を出した後、イングランドのサウサンプトン FC とトッテナム・ホットスパー FC で評判をさらに高めた。

彼はスパーズをプレミアリーグで常にトップ4 を競い合うレベルに引き上げた。それ自体が成果であるが、現時点ではそうではない今のレアルへの多額の追加投資がない限り、彼がさらに状況を良くすることはまず無いだろう。

マウリシオのマドリードへの移籍は大きな突破口となるだろう。彼は FW ハリー・ケインを一緒に連れて行きたいと考えていた。ケインはストライカーの危機を解決し、ガレス・ベイルに掛かるプレッシャーをある程度緩和するだろう。ただ、世界のクラブチームはケインとアザールを一緒に買い揃える余裕は無いため、この場合はチェルシーはアザールを維持することになる。

レアル・マドリードは新しい監督を探すために市場に出ており、この動向はエデン・アザールの将来に直接的な影響を与えるため、チェルシーは進捗状況を積極的に追跡することが伺える。なので、チェルシーのファンはレアル・マドリードがアントニオ・コンテをサインすることを望むだろう!

引用元 sportkeeda、和訳者 cheren

 

 

コメント