ジョルジーニョ、サッリ・ボールの完成まではまだ前途遼遠だと語る

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Metro

今シーズン、マウリツィオ・サッリと一緒にチェルシーに入団した MF ジョルジーニョは、サッリ・ボールを完璧にするためにはまだまだ改善しなければならないものが多いとチェルシーのチームメイトに 伝えているようです。

 

引用記事の和訳

チェルシー MF ジョルジーニョは、ブルーズが新しい監督の下シーズン無敗のスタートを切ったにもかかわらず、サッリ・ボールを完璧にするためにはまだ「長い道のり」が必要だとコメントしている。

ブルーズはプレミアリーグで 3位となっており、すでにナポリで注目されたマウリツィオ・サッリ監督と中盤の将軍ジョルジーニョの見るものを魅了するペースの速いポゼッションサッカーを垣間見ることができる。

しかし、イタリア代表は、特にディフェンスフェーズを始めとするサッリのサッカー哲学を完全に理解するためには、まだまだ長い道のりが必要だと考えているようだ。

「私たちはまだ始まったばかりだと思う。私たちには長い道のりが待ち受けている。」ジョルジーニョはクラブの公式ウェブサイトで語った。

チェルシーがどのように改善する必要があるのかを質問された彼は、次のように説明した。

「それで、私は守備的な試合でもっと良くすることができると思う。

「私たちがボールを失った、守備に切り替わる段階。

「プレスをもっと迅速に行うことで、私たちはカウンターアタックの反撃を少なく抑えられると思う。

「それらは少し細かいことで、少しずつ整理したいと思っている。

サッリ監督はジョルジーニョに同意し、ファンは彼がコーチする攻撃的で脈動的なスタイルの小さな断片でしか論じていないと考えている。

イタリア人監督は以下のように説明した。

「私たちは改善のマージンが大きい。

「私たちが望むサッカーを部分的にはプレーできているが、適切なスピードでプレーできているわけではない。」

引用元 Metro、和訳者 cheren

 

 

コメント