ランパード、リーグカップ戦終了後にチェルシー選手たちと話したことを語る

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Express

先日のカラバオ・カップで格上チェルシーを追い詰めながら惜敗したダービー・カウンティ FC。ダービーを率いる形でスタンフォード・ブリッジに凱旋したランパードが、試合終了後にチェルシーの選手たちと話したことについて現地メディアが報じているようです。

 

引用記事の和訳

フランク・ランパードは、チェルシーの選手たちがダービー・カウンティ FC のスタンフォード・ブリッジで敗北の末に彼に語ったことを明らかにした。

ランパードは昨夜のカラバオカップでダービーをスタンフォードブリッジに導き、チェルシーと相対した。

そして、前半 5ゴールが飛び交う乱戦の中 2−3 で敗北したにもかかわらず、ダービーはプレミアリーグのスター達に強烈な印象を残した。

「試合の後、チェルシーの選手やスタッフ達と話した。彼らは皆、私たちがどれほど良かったかを話し、私たちを賛美してくれた。」とランパードは語った。

「引分けに相当するそれだけの勝ちがある思うが、全く気にならない。私を幸せにさせてくれる。

「私たちは本当に夜に貢献した。これが素晴らしいチェルシーのチームであり、私たちは競い合った。」

元イングランド代表 MF ランパードにとって、感情的な夜の試合の対戦相手の監督として、スタンフォード・ブリッジへの最初の帰還だった。

試合に先立って、ランパードはチェルシーを将来指揮する可能性について質問された。

「夢について話すなら、私は指揮したい、私はトップで指揮したいと思っている。そうじゃない?」ランパードは Sky Sports に語った。

「しかし、そんな先のことを考えるのは馬鹿らしい。私はここにいるし、このクラブを愛している。本当にそうだよ。」

「スタッフ、ファン、選手たち、素晴らしい歴史を持つ素晴らしいクラブだ。

「私は今この瞬間にいる。それで私がチェルシーや他のどこかに挑戦しようとしている。。。私がここでどうやっているか、信頼してくれるだろう。

「これが旅の始まりだ。

「私は夢想家ではない。私は少しずつ歩を進める人間であり、ここで成功したい。それが私が考えている唯一のことでだ。

「もちろん、スタンフォード・ブリッジにいることは嬉しい。しかし、私は手元の仕事についても考えている。」

チェルシー助監督のジャンフランコ・ゾラは、彼のチームがプレーするさまを大いに賞賛していた。

「難しい試合だった」とゾラは語った。

「ダービーは素晴らしかった。彼らは私たちに多くの問題を創り出した。私たちのディフェンスは他の時ほど良くはなかった。しかし、問題の大半は彼らによって創られた。」チェルシーの助監督は言った。

「ガリー・ケーヒルは、しばらくの間初出場した選手みたいだった。私たちがうまくディフェンスできなかったときは、DF の選手だけではなかった。私はガリーとクリステンセンは、前半もっと上手くプレーできたはずだと思った。

「私たちは、約 10-15 分掛かるまではコントロールしていた。その瞬間、私たちは得点することを意識しすぎた。そのような質のチームと対戦する場合、フィフティ・フィフティになる。私たちは時折運が良かった。」

引用元 Express、和訳者 cheren

 

コメント