サッリ、モラタの進化は大きな可能性を秘めていると語る

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 FourFourTwo

昨日未明に行われたクリスタル・パレス FC 戦で 2得点を挙げた FW アルバロ・モラタについて、サッリがトレーニングを続ける必要を認めながらもモラタについて賛辞を述べているようです。

 

引用記事の和訳

クリスタル・パレス FC 戦後、チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督はアルヴバロ・モラタに改善に努める姿勢を維持し続けるよう求めた。

ホーム、スタンフォード・ブリッジにクリスタル・パレスを迎えた日曜日のプレミアリーグの試合で 2ゴールを獲得したモラタの活躍により 3-1 で快勝したチェは、リーグ順位表 2位にランクアップした。

パフォーマンスの喪失と怪我から復帰した後 26歳の選手は自身を取り戻し、復帰後はプレミアリーグ 4試合で 4得点を挙げている。

しかし、サッリは 2017-18 シーズンの苦闘の結果、スペイン代表の座を失ったストライカーにはまだまだ伸び代があると感じている。

サッリは記者会見で「アルバロは先月に改善した」と語った。

「自信を改善され、人格を改善され、技術的観点からも改善されている。

「今、彼はチームでもっとプレーすることができると思う。しかし、アルバロは非常に優れた物理的、技術的能力を持っていると思うので、彼はもっと改善できると思う。

「アルバロにとっては、ゴールは成り行きでなければならない。彼は目標を考えずにチームのためにプレーする必要がある。ゴールはいつもチームワークの末に現れる必然の結果だ。

「彼は、精神的な観点から少し脆いところがある。しかし、彼は非常に若い。私は彼が改善することができると思う。とても速く改善する。」

引用元 FourFourTwo、和訳者 cheren

よくやった!! 我々のファンと一緒にホームでの大きな勝利! もう一度ゴールできて満足だ! Go Chelsea !!

引用元 Twitter、和訳者 cheren

 

にもかかわらずサッリは、モラタが 2012年にチャンピオンズリーグのタイトルの獲得を決定づけた勝利の PK を決めた、クラブの偉大なディディエ・ドログバと同じようなストライカーに発展する可能性について否定した。

「身体的には、ノーだ。しかし、ドログバは 15年間、世界で最高だった。」と彼は付け加えた。「しかし、アルバロはとても速い。

「最初の 2-3歩ではなく、40メートル走らなければならない場合、彼は非常に速い。ドログバのようではないが、彼は強い。彼は大きな可能性を秘めている。」

引用元 FourFourTwo、和訳者 cheren

 

チェルシーはこの試合で途中出場したエデン・アザールに感謝した。アザールの出場後 2分以内に、チェルシーが 1-1 の状況から勝ち越すためにアザールがモラタにボールを配給することとなったフリーキックを獲得した。そのボールをストライカーは確実に決めた。

「とても重要なことだ。今日、彼をベンチに入れることはとても重要だった。」サッリはベルギーのスターについて語った。

「私は昨日ドクターと話し、彼はアザールがより良くなっていると言った。しかし、私にとってはアザールの 90分間のプレーは無理だと感じた。

「だから私は彼にベンチ入りを頼んだ。彼は『トライすることはできる』と言った。しかし、30分を超えてはいけない。私たちは幸運だった。最初の 1分で即座に彼は私たちの試合を変えることができたと思う。しかし、ご存知のとおり、アザールはアザールだ。 彼はこれを非常に頻繁にやることができる。」

引用元 FourFourTwo、和訳者 cheren

 

コメント