チェルシーは今後数ヶ月以内に選手の新しい契約について考えなければならない

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 football.london

チェルシーの来シーズン以降を見据えた動きの一つに選手の契約更改がありますが、既に契約延長が完了している FW ペドロ、DF マルコス・アロンソ以外にも、FW アザールや FW ウィリアン、DF ダヴィド・ルイス等の選手が控えており、今夏の GK ティボー・クルトワの二の舞を避けるようメディアが提唱しているようです。

 

引用記事の和訳

チェルシーには、新しい契約に関する議論が必要なたくさんの選手が居る。

クラブがいくつかの重要な選手たちとの契約交渉を進めている中、チェルシーは忙しい数ヶ月となるだろう。

今夏にティボー・クルトワと別れたのは、彼をフリートランスファーで失うという確度の高い見通しがあったからだが、クラブは来年 7月に同じことが起こらないように迅速に行動しなければならない。

エデン・アザールは、ここ数ヶ月間の間にクラブから移籍するという動きに大きく関わっている。しかし、大金がサンティアゴ・ベルナベウから送金されるという話の中で、彼は今シーズンの終わりまで西ロンドンに残るようにも伺える。

スター選手のための新しい契約は、彼の見事なまでのパフォーマンスの恩恵を受けている現在のクラブに関係するすべての人にとって非常に適切だ。しかし、クラブにはじっくりと腰を据えて新しい契約について議論する必要がある他の多くの選手たちが居る。

8月の初めから進めていた FW ペドロと DF マルコス・アロンソの契約の延長が確定したが、この後にもファーストチームの多くのレギュラーたちとの議論を開催する必要がある。

マウリツィオ・サッリの元でスターティングイレブンに戻ってきたダヴィド・ルイスは、来シーズンの終わりに契約が終了する。しかし報道では、近い将来ルイスが首都に留まることを確実にするために、クラブが新しい​​条件について議論を望んでいると示唆している。

ルイスは過去バルセロナ FC への移籍報道が報じられたこともあり、ラ・リーガのチャンピオンは、再び彼のサインを獲得することに熱心であると伝えられている。

ブラジル人 DF がシーズン終了時に契約を終了していることを考えると、彼は 2019/20 シーズンに向けた動きに関して来年 1月からイングランド外のクラブとの会談を開くことが可能である。したがって、チェルシーは今すぐにでも彼と契約を結ぶ必要があるということを意味する。

既に明らかとなっている CB だけでなく、元アーセナル FC のデュオ、MF セスク・ファブレガスと FW オリビエ・ジルーも同じボートに乗っている。

MF と彼の代理人との会談はまだ行われていないが、ファブレガスがブルーズに残るためには、大幅な賃金のカットが必要になるとの報道がある。

今シーズンはサッリの元でプレミアリーグ出場がわずか 1試合だけになっているにもかかわらず、31歳の彼は、現在のスタンフォード・ブリッジでまだ満足していると主張している。

「私はまだ多くのことを信じており、私はこのチームにもっと多くを加えることができると思う。」彼は、Evening Standard によって報じられたようにコメントした。

「何が起こるか見てみよう。だが、私はここで幸せだ。

「人生では、サッカーだけでなく、タイミングが最も重要だ。

「決断を急ぐ必要はなく、何かが起こる前に話す必要はない。」

ファブレガスとの契約が夏になると終了するだけでなく、DF ガリー・ケーヒルと GK ウィリー・カバジェロも現状ではフリー・トランスファーでチェルシーから立ち去ることができる。

ケーヒルは、彼がレギュラーとしてプレーすることを与えてくれるクラブへ移籍するため、チェルシーとの長い関係を終わらせることに疑いの余地は無い。カバジェロは、今シーズンのバックエンドの立場に向けて再び契約を行うことを期待しているが、それは現在の優先事項ではない。

今シーズンに契約が締結されていないプレーヤーの取引を拡大すると同時に、クラブはまた、現在契約を延長しているプレーヤーと話をする必要がある。

チェルシーは可及的速やかにアザールとの新しい契約に同意することを望んでいるが、クラブは FW ウィリアンと DF セサル・アスピリクエタも同様にしなければならない。

主要なキープレイヤーが最終契約まで契約を締結する危険性があるだけでなく、クルトワのサンティアゴ・ベルナベウへの3,500万ポンド(約51.6億円)の移籍の場合と同様、移籍金評価額もまた激減する。

GK を失ったブルーズは、アザールやウィリアンに対して同じことをする余裕がない。

しかし、チェルシーがすぐにでも話を進められれば、それは必ずしも当てはまらない。

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

 

コメント