チェルシー、ボーンマスのFWカラム・ウィルソンを狙う

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Bournemouth Daily Echo

今シーズン AFC ボーンマスで 13試合 7得点と活躍している FW カラム・ウィルソンについてチェルシーが今冬の獲得候補としてスカウト活動を行っていると地元ボーンマスのメディアが報じているようです。

 

引用記事

チェリーズのスター FW カラム・ウィルソンは、プレミアリーグの大砲チェルシーによって「追跡されている」と言われている。

26歳のストライカーは今シーズン素晴らしい姿を見せており、13試合で 7ゴールを決めている。

そして The Mirror はチェルシーが「ウィルソンのスカウトを強化し、現在と今年が終わるまでの間に定期的に見守っている」と報告している。

タブロイド紙は、元コベントリー・シティ FC の有能な選手が強烈なインパクトを与え続けるなら、ブルーズが「来年 1月の早い時期に彼らの関心を引き上げる可能性がある」と述べている。

チェルシーの監督・マウリツィオ・サッリは、FW アルバロ・モラタと FW オリビエ・ジルーをストライカーの優先的オプションとして定めている。特にモラタは過去 6試合で 5得点を挙げている。

土曜日のマンチェスター・ユナイテッド戦では 2-1 で敗れたもののチェリーズでの 50点目のゴールを奪ったウィルソンは、7月に 2022年までの新しい契約をドーセット州のクラブと締結した。

今シーズン、ウィルソンより多くのゴールに貢献したイギリス人はいない。

明日、ストライカーはガレス・サウスゲート監督に指名され、イングランド代表チームへの招集が予想されている。

一方で The Sun は、元イングランド代表 DF の現 AFC ボーンマス監督エディ・ハウが、シーズンレンタルで英 2 部プレストン・ノースエンド FC へ移籍しているマンチェスター・シティ所属の FW ルーカス・ヌメチャの「動向を追っている」と報じている。

タブロイド紙によると、チェリーズの監督は 19歳に「唾を付けた」とされており、若者は「ハウのシステムで活躍できるタイプの選手」と見なされている。

独ハンブルク生まれのヌメチャは今シーズンプレストンで 14試合に出場しているものの未だにゴールが無い状況だが、それにもかかわらず、チャンピオンシップでの戦いで感銘を受けている。

チェリーズの MF ルイス・クックと並んで、ヌメチャは 6月にイギリス U-23 代表としてトゥーロン国際大会トーナメントでの優勝に貢献した。

引用元 Bournemouth Daily Echo、和訳者 cheren

 

コメント