BATEボリソフ戦直前のマウリツィオ・サッリの記者会見

Chelsea

画像出典元 football.london

ヨーロッパリーグのグループリーグ第4戦を間近に控え、チェルシー監督マウリツィオ・サッリが記者会見に応じたようです。

 

引用記事

Every word from Chelsea boss on Morata, Hazard and Fabregas illness
The Blues take on BATE Borisov in the Europa League tonight

明日の夜、ブルーズはヨーロッパ・リーグで FC BATE ボリソフと対戦する。

 

アルバロ・モラタは負傷したのか?

「いいえ、いいえ、彼は 3試合連続してプレーしていたので、休息を取って良いトレーニングセッションを 2回受けるためにコブハムに留まるのが良いと思った。問題はセスクだけだ。 今朝、彼は発熱があった。そのため、彼はコブハムで療養に努める必要があった。これが唯一の問題なので、ぎりぎりになってカンテを招集した。」

 

モラタにとってはチームに帯同したほうが良いのではないか?

「いいえ。私は全く逆だと思う。彼は直前の試合までとても頻繁にプレーし、トレーニングを受けるだけだったので、モラタは休息のためだけにコブハムに留まる。だから私はそれが彼にとってより良いと思うし、試合だけでなく 2, 3回のトレーニングセッションで、より簡単にフィットすると思う。なので、プレイヤーが 3つか 4つの試合に出場してから休むのは普通だと思う。それ以外には、13人または 14人の選手が試合に出場できる。

ときには、実際に試合に出場するよりも休息を取る方が良い場合もある。ときには、プレイヤーはいくつかの課題克服のためにトレーニングし、身体的な質の向上に取り組む必要がある。これら以外の他のことをする必要はない。実際にプレーするよりも良い場合もある。彼らはプレーするだけであれば、必要な身体的な質が失われる。これは科学的に証明されている。21日間。」

 

ボリソフではなくミンスクを調整の場に選んだのは何故か?

「わからない。ここに来てトレーニング場を訪れたり、スタジアムを訪れたり、ホテルや他のすべてを訪れることができないのでわからない。私はクラブの指示を聞く必要がある。クラブはここで練習して明日の試合を迎える方が良いと言った。」

 

モラタはより強靭になるためのトレーニングしているのか

「いやいやいや、それは全くない。今日、彼はエアロビクストレーニングを受けた。5秒、10秒、15秒、リカバリー、それは説明するには長すぎる。それはエアロビクストレーニングのセッションだった。明日は筋力系のトレーニングをするだろうが、私たちはウェイトを使わない。ジムでやる自然なワークだ。誰もウェイトを使わない。ピッチで体重のあるプレイヤーは見たことがないからだ。」

 

アザールを帯同させることに対するリスクはあったか?

“私たちのドクターによると、もちろん、彼がコブハムに滞在していたとしてもリスクは無い。私たちは、彼にとってより良いと思った。90分間ではなく、2週間出場が無かった後にプレーするからだ。だから、直近の試合で彼は 30分間だけプレーした。私たちにとって、彼にとっての最高の仕事は、彼が明日 45分または 50分プレーすることだ。」

 

アレクサンドル・フレブは最善を尽くしたか?

「彼は、アーセナルが英国で最高のチームの 1つだったときにそこでプレーしたと思う。彼は2〜3年、セスクとプレーしたことをとてもよく知っている。だから私は彼をよく知っている。彼は本当にとても良い選手だった。今彼は 37 … 36歳だったかな?しかし、彼はまだ良い選手だ。BATE との最初の試合では、彼は前半うまくプレーしていた。だから私は彼をとてもよく知っている。」

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

 

コメント