ケパ・アリサバラガ、コブハム練習場での最高の選手の名前を挙げる

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 The Sport Review

今シーズンからチェルシーに加入した GK ケパ・アリサバラガが、チェルシー TV のインタビューに応じ、コブハム練習場で最も頑張っている最高の選手の名前として MF セスク・ファブレガスの名前を挙げたようです。

 

 

引用記事

チェルシー FCの記録によれば、MF セスク・ファブレガスは最近コブハムのトレーニングで最も良い選手となっていることがが明らかになった。

GK ケパ・アリサバラガは、チェルシー FC のコブハム練習場でのトレーニングにおける過去 1、2 ヶ月間の最優秀選手として、セスク・ファブレガスの名前を挙げた。

マウリツィオ・サッリが西ロンドンクラブの一団の手綱をを引き継いで以来、スペイン代表の選手はスタンフォード・ブリッジにおけるファーストチームの出場機会が限定されている。

ファブレガスは、SSC ナポリの MF ジョルジーニョとレアル・マドリードからシーズンレンタルで合流したロシア・ワールドカップのファイナリスト、MF マテオ・コヴァチッチの到着により、ファーストチームへの道のりがかなり混雑していることに気づいた。

MF ロス・バークリーと MF ルーベン・ロフタス=チークの復活は、イタリア人監督率いるチェルシー FC チームへの道のりをさらに複雑にした。

31歳の運命は、夏にクラブ記録の移籍金更新して以来、チェルシーのファーストチームの GK としての立場を確立してきたケパとはまったく対照的である。

実際、チェルシーが 7300万ポンド(約109億円)の契約でアスレティック・ビルバオのタレントと契約したケパは、世界で最も高価な GK であるというプレッシャーに対処しなければならないにもかかわらず、彼に課せられた役割を優秀にこなしていた。

ファブレガスはピッチで輝く同じ機会を与えられていないが、ケパは 2010年南アフリカ・ワールドカップの優勝者がサッリにピッチで印象づけるためにできる限りの努力をしていることを明らかにした。

チェルシー FC のウェブサイトへのインタビューで、最近のトレーニングで最高の選手を尋ねられたケパは「セスク・ファブレガス」と応えた。

ケパは、スタンフォード・ブリッジで強烈なイベリア半島のテーマを続けているチェルシーの 6人の選手の一人である。

しかし、スペイン人 GK は、試合前の準備に照準を合わせたクラブ記録記録として、ライバルの GK ウィリー・カバジェロとの友情を交わしたことを明らかにした。

「私はウィリー・カバジェロの隣、FW アルバロ・モラタの後ろに座っている」とケパは付け加えた。「テーブルの周りに陣取って、試合について 7〜8人の選手が雑談に興じたり、試合が近づくにつれて集中して音楽を聴くようになっている。」

チェルシーの最大のジョーカーについての問いかけについて、ケパは
同僚の 1人がスタンフォード・ブリッジでメンタルを高く保つのを助けていることを明らかにした。

「ペドロだと私は思う。カナリア諸島の暑い気候は彼を面白くする。」とケパは続けている。

引用元 The Sport Review、和訳者 cheren

 

コメント