サッリ、BATEボリソフ戦での低調なパフォーマンスを認める

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 West London Sport

アウェーのベラルーシで昨夜行われたヨーロッパ・リーグ第4戦、BATE ボリソフ戦で辛くも 1-0 で勝利したチェルシー監督マウリツィオ・サッリは、この試合での低調なパフォーマンスだったことをインタビューで発言をしたようです。

 

 

引用記事

なんとか 1- 0で勝利を収めたアウェー FC BATE ボリソフ戦での残念なパフォーマンスを振り返り、発熱との戦いもあったチェルシー監督マウリツィオ・サッリは、ヨーロッパ・リーグのノックアウトステージへの出場資格を確保するという最低限の結果のみ満足していた。

チェルシーは氷霧の中、グループL で 4勝目(うち 3試合は 1-0)を挙げた。この試合では、5月のリバプール FC 戦での勝利以来 794分間のゴールの無かった FW オリビエ・ジルーの唯一のゴールのみが記憶に新しい。

「今晩は結果だけが最高の状況だ。私たちはうまくいっていなかった」とサッリは会見で語った。

「ここで良い試合をすることはあまり簡単ではなかった。寒さのため、対戦相手のため、ピッチのため、すべてのために、非常に難しいプレーとなる条件はすべて揃っていた。私たちはもっと良くできたと思う。

「前半は好きではなかった。私たちはボールを水平に、ゆっくり動かした。それは本当にとても危険で大変だった。

「後半の最初の 20分、25分は良かった。それから、最後の 15分は本当にうまくいかなかった。」

サッリにとっては挑戦的な一日だった。

「今日も私は困っていた。私は熱があった。私にとっては非常に困難な一日だった。私の症状が改善しているのか、温度だけであるのかは分からない。」とサッリは説明した。

先月のロンドンで完敗した BATE はプレーの深い閉塞時間を含めて 3回決定的なチャンスをつくったこともあり、エデン・アザールの出場時間はベラルーシで予想以上に長くなってしまった。

試合が 51分差し掛かったとき、アザールはファウルされ、得られたフリーキックをファー・ポストに向かって高いフライボールで送り出した。

アザールはその時間までにはピッチを去っていたはずだったし、サッリはテクニカルエリア内で、明らかにベルギー人に向かって激しく盛んにジェスチャーを交えていた。

その直後、ジルーはニア・ポストで DF エメルソン・パルミエリのクロスにヘディングで合わせた。

ジルーは BT Sport に次のように語った。

「それは本当だ、私はワールドカップから遅れて帰ってきたので、すぐに得点を期待していたし、少し運がなかった。いつも一生懸命働いて信念を維持しなければならない。」

サッリは以下のように付け加えた。

「私は彼に満足している。 彼はチームでとても、とても有用な選手だから、彼は私たちにとって非常に重要な選手だ。

「しかし、ストライカーはゴールを求めていると思う。そして、彼の自信のために、それがとても重要であることを私も理解している。しかし、私は彼が得点を心配することを望んでいない。なぜなら、私たちにとって彼は非常に重要で非常に有用だからだ。」

引用元 West London Sport、和訳者 cheren

 

 

コメント