ゾラ、モラタとジルーがゴールを定期的に決め始めるよう後押しする

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Evening Standard

チェルシー助監督のジャンフランコ・ゾラは、今シーズン得点に苦しんでいる FW アルバロ・モラタと FW オリビエ・ジルーについて、ゴール以外のたくさんの役割に期待しているためゴール数が少なくても心配していないが、ストライカーとしてゴールが決められるよう後押しもすることをインタビューで応えたようです。

 

引用記事

チェルシー助監督のジャンフランコ・ゾラは、FW アルバロ・モラタと FW オリビエ・ジルーが定期的にゴールを決め始めると確信している。

モラタは、ヴィデオトン FC 戦で勝利を決定づけるゴールを決めたものの 20試合をわずか 2ゴールで終わっていたが、ブルーズとしての彼の直近 4試合で 4回ネットを揺らした。

フランスのストライカー、ジルーもゴール前の形を見つけるのに苦戦しており、木曜日に行われた FC BATE ボリソフを 1-0 で下したヨーロッパ・リーグでゴールを決める前は、31歳は 5月からネットを揺らすことができなかった。

ゾラは、マウリツィオ・サッリ監督はチームのために働く限り、ストライカーが得点に失敗するかどうかを心配していないが、最終的にゴールをゲットするためにストライカーを後押しすることを明らかにした。

「おそらくエースストライカーは主要なゴールゲッターとなるが、時にはそうではない。異なるプレーをする場合は特にそうだ。」と彼は Sky Sport に語った。

「マウリツィオ・サッリは、ストライカーにチームのための多くの仕事をするように頼む。スコアがつかなくてもチームにとって非常に重要だ。私は彼らがこれについて学んでいると思う。

「現時点では、彼らはこれをやることに忙しく、スコアリングには注意を払わない。しかしゴールを決める瞬間は来るだろう。100%それはやって来るだろう。また、彼らは毎週ピッチで良い態度で臨んでいる。

「マウリツィオのためにストライカーは、常に多くのゴールを決めている。たぶん始まりではないかもしれないが、最終的に彼らは得点している。それは私がここでも同様に起こることを望んでいる。」

チェルシーは日曜日の午後、ホームのスタンフォード・ブリッジにエバートン FC を迎え、欧州5大リーグで唯一無敗の地位を維持しようとしている。モラタはベラルーシへの旅行を休んだため、スターティング・イレブンに起用される可能性が高い。

引用元 Evening Standard、和訳者 cheren

 

コメント