サッリがエバートン戦に先立ってバークリーについて語ったこと

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 football.london

プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦で値千金の同点ゴールを筆頭に、今シーズンコンスタントにゴールやアシストでチームを盛り上げている MF ロス・バークリーですが、日曜日のエバートン FC 戦を前にして監督マウリツィオ・サッリがバークリーについて語ったことについて、地元メディアはそのコメントにチェルシーファンは親愛の情を寄せるだろうと報じています。

 

引用記事

この MF は今シーズン、いくつかの優れた活躍でブルーズの視線を釘付けにした。

マウリツィオ・サッリは、MF ロス・バークリーは彼が最近の良いパフォーマンスを保っていられるなら、ヨーロッパで最高峰の MF になれると主張している。

今年 1月にエバートン FC から加入してから、昨シーズンはファースト・チームで 4試合にしか出場できなかった 24歳は、今シーズンのスタンフォード・ブリッジで数々の目立った活躍を見せて大きな印象を残している。

サウサンプトン FC 戦とマンチェスター・ユナイテッド FC 戦で得点したバークリーは、バーンリー FC 戦でもチェルシーで最高のパフォーマンスで 1ゴールと 2アシストを挙げる活躍を見せた。

「完全な選手」として賞賛した彼の上司サッリは、日曜日に元所属クラブのエバートン FC と相対するバークリーについて、ついに彼のポテンシャルが開花する瀬戸際まで来ていると考えている。

「当初、彼は困っていた。」と元 SSC ナポリの監督サッリが語ったと The Guardian は報じている。

「その後、彼はすべての試合で、すべてのトレーニングで改善を始めた。

「私がここで監督を始めた最初の月に戻って考えると、私は彼の適応能力に驚いている。しかし、私はあくまで直近の 2ヶ月間でそう思っているのではない。

「私は彼が完全な選手だと思うので、彼は非常に好きだ。彼は身体的な資質を持っている。

「技術的に彼は非常に良い。彼は左足でも右足でも良いキックをしている。

「彼はボールを動かすことで改善している。彼は速く、精神的に速く、戦術的に改善している。

「彼はイングランドだけでなく、非常に重要な MF になれる道をたどっていると思う。

「戦術的な見地から言えば、現時点ではバークリーはルーベン・ロフタス=チークより一歩先んじていると考えている。

「ロフタス・チークは後半に到着した。なぜなら、シーズンの最初の部分で 2、3回の怪我があったからだ。」

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

コメント