ワトフォードMFペレイラ、チェルシーからの関心を歓迎

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 CaughtOffside

今シーズン、11試合に出場し 5得点を挙げ、好調ワトフォード FC の原動力となっている元ユベントス FC 所属のアルゼンチン人 MF ロベルト・ペレイラが、チェルシーからの関心について光栄に感じていることを地元メディアが報じているようです。

 

引用記事

今シーズン、プレミアリーグで傑出した選手の 1人は、マウリツィオ・サッリの元で完全に変貌したように見えるチェルシーからの関心について、光栄に感じていることを認めた。

ワトフォード FC のプレーメーカー MF ロベルト・ペレイラは、ホーネッツでのシーズンへの驚異的なスタートを受け、チェルシーへの移籍と強く結びついている。The Sun は、ペレイラがトップサイドにリンクすることに興奮していることを明らかにした。

ペレイラは今シーズン、プレミアリーグでわずか 11試合で 5得点をマークしているが、これは昨シーズンのワトフォードでプレーした 32試合と一致している。

今シーズンのペレイラはワトフォードのキープレーヤーとなり、イタリアに戻らないという決断は確かに報われている。

「イタリアに帰る?私たちはそれについて会話をもったが、結局私はここでプレーし続けることに決めた。」

ペレイラは、彼がサッカーを楽しんでいることを付け加えた。

「チェルシーのようなチームに関心を示してもらえるのは良いことだ。

「今、チェルシーのようなクラブのことを言及しているように、私は今のように暮らしたいと思っています。 とても好きなチームについて話をするのはいいことだ。

「ワトフォード? 私たちはうまくスタートできた。私は準備が整っていて幸せだ。それは私に欠けていたものだった。

「今、私たちはそのように仕事を続けなければならない。 ええ、それは私の最初の個人的な目標の 1つだったから。」

より良いプレミアリーグのシーズンの準備を進めようとしたペレイラの決心は、FWアンドレ・グレーや FW ジェラール・デウロフェウのような才能あふれるアタッカーを擁していたにもかかわらず、元ユベントスのペレイラがワトフォードの攻撃の中心へと押し上げたのが見て取れる。

ワトフォードはこれまで今シーズンの期待を大きく上回っており、ホーネッツは現在勝点 19ポイントの 8位につけている。新しいシーズンへの強いスタートを切った彼らは、降格に対する懸念が薄れていくだろう。

引用元 CaughtOffside、和訳者 cheren

 

コメント