チェルシーのエデン・アザールはプレミアリーグでの「消耗」に不満を抱いている

Chelsea

画像出典元 Sky Sports

マンチェスター・ユナイテッド戦で背中を痛めて試合を欠場することが多くなったチェルシー FW エデン・アザールが地元メディアのインタビューに応え、欧州一のフィジカルコンタクトの寛容さとして定評のあるプレミアリーグでの身体の消耗具合についてコメントしたようです。

 

引用記事

エデン・アザールは、プレミアリーグの審判員が提供するべき選手への保護の欠如を嘆いており、「消耗」が彼の体に痛みと損傷を与えていると言っている。

プレミアリーグで 4番目にファールを受けているチェルシーの FW は、先月のマンチェスター・ユナイテッド戦で 2-2 で引き分けた試合で、2週間背中の問題で苦しんでいたが、最近故障から復帰した。

アザールは既に今シーズンが開幕してから開催された 18試合のうち 5試合を欠場している。彼は審判がより厳格になることを熱望しているが、彼は彼ら審判員の役割の困難さを理解している。

「私は今27歳で、年を取るようになっている。だから私は自分の体をもっと労らなければならない。」 とアザールは言った。

「私は消耗を感じている。私は 10年以上前からプロとしてサッカーをしてきた。これは試合の一部だと思う。私は幸せではないが、これはサッカーの一部だ。

「審判は自分の仕事をしようとしているし、私も自分のプレーをしている。私がピッチいるとき、私はフリーキックで勝つことができると思う。チェルシーのフリーキックは、すべてゴールを狙うチャンスだ。」

リーグで最もファールを受けた選手であるクリスタル・パレス FC の FW ウィルフレッド・ザハは、9月に厳しい処罰を求め、「レッドカードを手に入れるために足を壊す必要があるのか」と問い糾した。

アザールはザハと合意してコメントした。

「私のためにはそれが良いだろう。しかし審判にとっては、最初の 1分にイエローカードを提示するのは難しいかもしれない。どこでも私にとっては同じだ。」

引用元 Sky Sports、和訳者 cheren

 

 

コメント