ロス・バークリー、再会の前にエバートンファンにメッセージを送る

Chelsea

画像出典元 TEAMtalk

2年間のレンタル移籍はあったもののユース期間を含めて 13年間エバートン FC 一筋だった MF ロス・バークリーは、元メディアのインタビューでスタンフォード・ブリッジでの古巣チームに所属する元同僚たちとの対戦を楽しみにしているとコメントしたようです。

 

引用記事

MF ロス・バークリーは、エバートン FC がスタンフォード・ブリッジに到着したときに、何人かの古い友達に会うことを楽しみにしていることを認めている。しかし、その感触が遠征してきたトフィーズファンによって報いられるかどうかはわからない。

マウリツィオ・サッリの下でのキーマンとして、チェルシーでのスロースタートの期間から回復して頭角を表したバークリーは、今年 1月にブルーズへ移籍した。それが明らかになった後、彼は少年時代に過ごしたクラブであるエバートンと新たな契約を結ぶことはないだろう。

バークリーはエバートンのホームスタジアムであるグディソン・パークで 13年間プレーした後、エバートンのアウェーサポーター達からの敵意に直面している。

「私はそれ(応援)が最高のものになるとは思わない。」と彼はロンドンの Evening Standard に語った。

「私はナーバスにはなっていない。元クラブやチームメイトと対戦することに興奮している。私は彼らがどのようにプレーするかを理解しているので、それは私のアドバンテージになるかもしれない。

「その日になったら、私は少し奇妙に感じて、いくらかナーバスになるかもしれない。私は本当に呼吸がぴったりだった彼らと肩を並べるのを楽しみにしている。」

FW アルバロ・モラタ、DF ダヴィド・ルイス、DF アントニオ・リュディガー、DF マルコス・アロンソは、いずれも FC BATE ボリソフ戦のためのベラルーシへのヨーロッパツアーに参加せず休息を取ったことにより、エバートン戦ではチェルシーのスターティング・ラインナップに復帰すると予想されている。

病気に罹患してしまった MF セスク・ファブレガスの代理として招集されたMF エンゴロ・カンテもまた、スターティング・イレブンから外れて試合途中から出場する可能性が高い。カンテの遠征は考慮されていなかった。

マイナーな問題を抱えているファブレガスと MF ルーベン・ロフタス=チークは唯一の疑問である。

引用元 TEAMtalk、和訳者 cheren

 

 

コメント