サッリ、タイトルレースでシティとリバプールについて大胆に予想する

Chelsea

画像出典元 TEAMtalk

プレミアリーグの新人監督の無敗記録を 12試合に更新したものの、スタンフォード・ブリッジでのエバートン FC 戦に引き分けてしまったマウリツィオ・サッリが、インタビューでここ数試合のチェルシーの低調具合についてコメントしたようです。

 

引用記事

マウリツィオ・サッリは、今季リバプール FC とマンチェスター・シティ FC に追いすがるには、勝点 100ポイントを獲得しなければならないかもしれないと大胆に主張している。

FW ウィリアン、FW エデン・アザール、FW アルバロ・モラタ、DF マルコス・アロンソが出場したにもかかわらずロンドンでのホームゲームで勝利する良いチャンスを失ったため、ブルーズは日曜日を無駄に過ごしてしまった。

トフィーズが勝点を探し当てたのではなく、サッリはあまりにもゆっくりとボールを移動させていた自身が指揮するチームを批判した。

「正直言って、クリスタル・パレス FC との試合のように、最初の 25分はあまり好きではなかった。試合開始当初、私たちは非常にゆっくりとボールを動かしてしまった。だから私たちが相手に脅威を与えることは不可能で、対戦相手がディフェンスするのは簡単だった。」と元 SSC ナポリ監督は明らかにした。

「なぜそれが起こったのは非常に良い質問だが、答えが非常に難しい。わからない。直近の 2〜3 試合は同じ成果だったので、私はこの問題が物理的な問題ではないと考えている。

「私たちは多分、試合に臨むのにメンタルの視点からの困難をいくつか抱えている。わからない。答えるのはとても難しい。

「プレミアリーグのような大会では、これはどのチームにも起こりうる、このような試合だと思う。なのでわからない。私はそうは思わないが、この時点では、シティやリバプールの勝点の平均は非常に高い。

「私は約 100ポイントだと考える。したがって、これらのチームの近くにいることは非常に困難だ。しかし、私はわからない。今日私たちが遭遇したような試合は、将来他のチームにも起こることを願っている。

「私が選手たちに言ったように、直近の 3試合ではいかに私たちがプレーしてもほとんどゴールチャンスを作り出せなかったからだ。だから、今はちょっとした問題かもしれない。

「しかし、3試合は非常に短い時間なので分からない。多分これはチャンスだが、私たちは注意する必要があると思う。 最後の 3試合はそうだ。

「私たちはより良いプレーができる。しかし、私たちは今でもとても良いプレーをしていると思うし、その記録について本当に誇りに思う。私はクラブに感謝し、私の選手に感謝する必要があることがよくわかっている。

“最後に、私はスタッフに感謝の言葉を述べなければならない。 しかし、もちろん、私は今日勝点 3 ポイントを好んだだろう。」

引用元 TEAMtalk、和訳者 cheren

 

 

コメント