バークリーに関するゾラのコメントがチェルシーファンを混乱させる?

Chelsea

画像出典元 football.london

チェルシー助監督のジャンフランコ・ゾラが、エバートン戦前の地元メディアのインタビューに応え、バークリーをイングランド最高峰の MF であると褒めているようです。しかし、実際のエバートン戦ではバークリーは後半終了間際に途中交代で出場しているのみで、このコメントと実際の采配がファンを混乱させるかもしれないと別の地元メディアが報じているようです。

引用記事

チェルシーのロス・バークリーは、イングランドの最高峰の MF の 1人であるとジャンフランコ・ゾラは語っている。

今年 1月の移籍ウィンドウでエバートン FC から到着した 24歳の西ロンドン・クラブでのキャリアは、今シーズン、新監督のマウリツィオ・サッリのもとでついにうまくいくようになった。

彼は今までにプレミアリーグ 11試合に出場し、3ゴールと重要視される同じ数のアシスト数を達成した。そして、これらの一連の印象的なパフォーマンスは、彼をイングランド代表チームに最招集させるに至った。

しかし、バークリーはまだサッリの下で保証されたスターターではない。

実際、イタリア人戦術家がバークリーを休ませて MF マテオ・コヴァチッチに頼ることを選択したことで、バークリーは日曜日の午後に彼の元クラブとの対戦でスターティング・イレブンから脱落した。

とは言うものの、ゾラはバークリーがイングランドで最高の MF の一人となっている彼のプレーにいくつかのことを注文しているという意見である。

「彼はここ数年、彼が最善を尽くせなくなるほどの大きな負傷を負った。これは言っておかなければならない。」ゾラは、エバートンとの試合前に Sky Sports に語った。

「彼がもう少しで完全になろうとしているので、彼がプレーする方法は重要だった。

「彼は常に能力、つまり身体的能力、テクニックスキルを持っていることを知っていた。しかし、中盤のポジションを任せるためには、彼は少し戦術的な意識と守備の意識が欠けていた。彼は今とてもうまくやっているし、彼はより良い選手になっている。

「彼がすでに持っていたことに加えて、これらすべてのことが、彼をこの国の最高峰の中盤の一人にしている。」

バークリーはトフィーズとの試合で、残りの 8分間に途中交代で出場したが、今シーズン 3回目にブルーズがホームで勝点を落としてしまい、突破口を切ることができなかった。

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

 

コメント