チェルシーにバルセロナMFデニス・スアレスは必要だろうか

Chelsea

画像出典元 The 4th Official

最近の地元メディアより、チェルシーが来年 1月の移籍ウィンドウでバルセロナ MF デニス・スアレスの獲得を狙っていると報じられているようですが、別のメディアがこれに呼応し、チェルシーのスアレス獲得の必要性を論じているようです。

 

引用記事

最近の報告によると、来年 1月に移籍ウィンドウが再開されたとき、
チェルシーは バルセロナ FC から MF デニス・スアレスの獲得の準備を行っている。

マウリツィオ・サッリは、ナポリ時代からスペイン人の発展を見守ってきたと理解されている。スタンフォード・ブリッジでの MF マテオ・コヴァチッチの長期的な動向が依然として非常に不確実であり、サッリは中盤の選択肢を増強するように見受けられることから、ついにスアレス獲得に動くことが考えられる。

 

カンプ・ノウでのデニス・スアレスの困難な時期

今シーズン、カタルーニャで困難な時を過ごしており、これまで彼の名前が登場したのはコパ・デル・レイの 1試合のみとなっている。スペイン人のタレントが他の場所で彼のキャリアを再活性化することを望んでいる場合、来年 1月に移籍する必要がある。サッリは彼を来年の初めに西ロンドンに連れて行くことで、カンプ・ノウから脱出路を提供することができるだろう。

スアレスの追加は、間違いなくスタンフォード・ブリッジでのイタリア人監督の中盤のオプションを改善することができるだろう。サッリは現在、ジョルジーニョ、エンゴロ・カンテ、ロス・バークリー、マテオ・コヴァチッチ、ダニー・ドリンクウォーター、セスク・ファブレガスといった才能ある MF を多数擁している。したがって、スアレスをここに加えることは、チェルシーのチーム内のポジション争いをさらに激化させる可能性がある。

 

スペイン人はサッリのチームにどのような効果を与えるのだろうか?

スアレスはゆったりとしたペースでプレーするが、巧みなボールテクニックを持つ有力なドリブラーである。スペイン人は中盤でボールをうまく分配し、ピッチの相手陣地の 3分の 1 のエリアでパスを繰り出すのをよく目にする。しかし、彼のロングレンジからのシュートには改善の余地が非常に多く、彼がプレミアリーグで自身の力量を証明するためには、彼はまた上半身の身体的能力を高める必要がある。

 

チェルシーにはデニス・スアレスのような選手が必要だろうか?

ジョルジーニョ、バークリー、ファブレガス、コヴァチッチのような選手が既にチームに所属しているので、サッリはこれ以上他の中盤のファシリテーターは不要である。

来年 1月に彼らのうち 1人でもチェルシーを去ることがないのなら、移籍市場でサッリが他のプレイメーカーを加入させることはほとんど意味がない。

その代わりに、FW アルバロ・モラタや FW オリビエ・ジルーにいくらかのポジション争いを追加するために、より多くの攻撃力のある選手を連れてくるといった手段で、中盤ではないチェルシー内のいくつかのポジション強化のために資金を使うべきだろう。

引用元 The 4th Official、和訳者 cheren

 

コメント