元イングランド代表、チェルシーのMFジョー・コール引退

Chelsea

画像出典元 Independent.ie

チェルシーに 2003年から 2010年に所属し、イングランド代表としてイングランド黄金世代の一員として名を連ねた MF ジョー・コールが、今シーズンを最後に引退を発表したようです。

 

 

引用記事

元イングランド代表、ウェストハム・ユナイテッド、チェルシーの MF ジョー・コールが、現役引退を発表した。

先週 37歳になったコールは、プロサッカー選手として 7クラブで 716 試合に出場し、104ゴールを決めた。そして 米国 2部相当の USL プロフェッショナルリーグのタンパベイ・ローディーズでキャリアを終えた。彼は現在、コーチとしてのキャリアを追求したいと考えている。

彼はイングランド代表として 56試合に出場し、3つのワールドカップトーナメントに出場した。そして 19歳にプロとしてデビューを果たしてからは、彼はウェストハムでのキャリアで印象的なスタートを切った。

コールは火曜日の声明でコメントした。

「プロとして 20年後、私のシューズを置く時が来た。それは夢を実現させてきた。そのすべて。

「次に何があっても、私は次の20年間がプロ・フットボーラーとしての私の過去 20年間と同じくらい特別なものであることを願っている。
私のキャリアに沿って私を助けてくれたすべての人に大変感謝している。」

コールは 8歳でウェストハムに入団し、1998年から 2003年と 2013年から 14年の間の 2つの期間で 187試合に出場し、18得点を挙げた。

彼は 1999年 1月 17歳の時にデビューし、キャプテンを務めるほどに成長したが、ハマーズがプレミアリーグから降格したことを機にチェルシーへ移籍した。

コールはモウリーニョの元で 2004年から 2005年にかけて 50試合の試合に出場してブルーズのファースト・チームに貢献し、チェルシーでの所属期間の間に彼はプレミアリーグ、リーグカップ、FA カップ、コミュニティ・シールドといった国内の栄冠をすべて獲得している。

コールは 2008年のモスクワでのチャンピオンズリーグ決勝でマンチェスター・ユナイテッドに PK 戦で敗れており、ヨーロッパでの成功については目立たなかった。

リバプール FC でのコールは、2年半の試合で 42試合に出場し、5得点を挙げている。また、この期間には、2011 から 12年にリーグ1 の LOSC リールへレンタル移籍しており、ここではチェルシーのエデン・アザールと一緒にプレーしている。

ウエストハムへのシーズンの長い復帰に続いて、アストン・ヴィラ FC、コヴェントリー・シティ FC、そしてローディーズでの期間が続いた。

コールは、MF デビッド・ベッカム、FW ウェイン・ルーニー、DF リオ・ファーディナンド、MF ポール・スコールズ、FW マイケル・オーウェン、MF スティーヴン・ジェラード、そしてチェルシーでチームメイトだった DF ジョン・テリー、MF フランク・ランパードと並んで、イングランドの黄金世代の一員として名を連ねた。

彼は以下のように付け加えた。

「私は私の時代の最高の選手たちとプレーすることができてとても幸運だった。多くの友人と呼び合えることはさらに幸運だ。

「チェルシーでトロフィーを獲得できたことは、私にとって特に特別だった。私は家族と分かち合うことができたので、それらの思い出は永遠に私と一緒に生きるだろう。

「将来的には、私は試合に関わり続けたいと思う。私は監督として多くを提供できると思う。

「私がしたように、私の経験を他の若い選手たちが自分の夢を達成するのに役立てるために、私には大きな情熱がある。」

引用元 Independent.ie、和訳者 cheren

 

 

コメント