レイ・パーラー、ロフタス=チークの移籍を助言「チェルシーは邪魔立てしない」

Chelsea

画像出典元 Express

チェルシーで十分な出場機会を与えられておらず、移籍が噂されているロフタス=チークについて、アーセナルのレジェンド、レイ・パーラーは移籍のススメを地元メディアで論じたようです。ただ、ロフタス=チークはチェルシーでの出場へのこだわりを見せているようです。

 

引用記事

アーセナル FC のレジェンド、レイ・パーラーによると、ルーベン・ロフタス=チークが来年 1月にチェルシーを去りたいと思っているなら、チェルシーは彼の邪魔はしないとのことだ。

ロフタス=チークは昨シーズン、レンタル先のクリスタル・パレス FC での最高の舞台に 24回出場して名を上げ、ガレス・サウスゲイトのイングランドの計画に強引に侵入した。

しかし、チェルシーに戻ってきたロフタス=チークは、マウリツィオ・サッリもとでは試合時間の確保が難しいことに気づいた。

ロス・バークリー、マテオ・コヴァチッチ、ジョルジーニョ、エンゴロ・カンテといった選手たちとの中盤での競争が激しさを増しており、22歳の選手はチームから閉め出されてしまっている。

パーラーはまた、スタンフォード・ブリッジでのゆっくりとしたスタートの後にイングランド代表に戻ってきたバークリーのような選手を見て喜んでいる。しかし、ロフタス=チークが自身のキャリアを進めたいと思うならば、彼は新年にチェルシーを去る必要があるかもしれないと懸念している。

「ロス・バークリーのような選手が再びプレーして、チェルシーでチャンスを掴むのは良いことだ。」とパーラーは Express Sport に語った。

「サッリは本当に彼が好きなようだ。もし彼がベストを得ることができるなら、彼はチャンスを掴むだろう。そして彼は私にとって素晴らしい MF だ。

「彼は力を持っている、彼は MF として相応しいスキルを持っていて、標準より優れた選手になれる。私は彼は本物になれると思う。」

彼は、6試合に出場して 4得点を挙げているロフタス=チークについては、次のように付け加えた。

「彼は今、より多くの機会を得ている。サッリがチームでバークリーとロフタス=チークの両名を獲得し起用しようとしたことについて、非常にポジティブだと思った。

「彼らがしなければならないことは、そのパフォーマンスを続けて実際に監督にプレッシャーをかけ、そして知ることだ。

「定期的にプレーする機会を得なければならないときは、キャリアに一定期間存在する。彼らは今、それをいつ起こすかを決める必要がある。

スポンサーリンク

「彼らの代表者がそれをするのかどうか、あるいは監督がそれをするのか、それとも自分自身か。

「彼らが『見ろ、私たちは出てプレーする必要がある。』言うのなら、クラブは彼らの道を邪魔立てするつもりはないと確信している。

2021年までブルーズと契約を結んでいるロフタス=チークは、最近サッリの計画に侵入する決心をしたことを認めた。

彼がチェルシーを離れるよう求めているかどうかを尋ねたところ、ロフタス=チークは次のように答えている。

「私はその質問をいつも受けている。今22歳で、プレミアリーグでのスターティング・イレブン起用があまりにも少ないので、人々がそれを言っている理由がわかる。

「プレミアリーグであろうとチャンピオンシップであろうと、私はあまりにもプレー時間が少ない。22歳では一部の人にしか十分に見てもらえない。

「私はそれを聞かれるが、私はクラブが大好きで、チェルシーが大好きだから、チェルシーでプレーしたい。」

引用元 Express、和訳者 cheren

 

 

コメント