アルバロ・モラタ、チェルシーでの変革の秘密を明らかにする

Chelsea

画像出典元 SPORT REVIEW

チェルシーの FW アルバロ・モラタが、マウリツィオ・サッリの元で調子を回復している理由をメディアに明らかにしたようです。

 

 

引用記事

チェルシー FC のストライカーは、心理学者との話が彼の信頼と形を向上させるのを助けたことを明らかにしている。

FW アルバロ・モラタは、セラピストとの話がチェルシーのストライカーの形を変えるのを助けてくれたことに光を当てています。

新監督のマウリツィオ・サッリの下、スペイン代表は現在のプレミアリーグのキャンペーンでゴール前での彼の落ち着きと臨床的エッジを再発見した。

ブルーズのストライカーは、英国の最高の舞台で 8回先発、3回の途中出場、計 11試合に出場し、5得点を記録している。

モラタは、アントニオ・コンテの下で 29歳に出場して 3得点に終わっており、特に最後の数ヶ月は特に西ロンドンで苦しんだ。

コンテの退任後、今夏でのスペイン代表 FW はチェルシーを退団すると噂されていたが、サッリはモラタの自身と姿勢を再認識させたようだ。

しかしモラタは、元ユベントス FC、元レアル・マドリードのストライカーがチェルシー FC のシャツでベストを尽くすのを手助けしている心理学者に賞賛している。

モラタは、Daily Express が引用したスペインの新聞 ABC に語った。

「私は心を訓練することは考えていなかった。

「最初に心理学者という言葉を聞いたときは驚いてしまったが、私には助けが必要だと気付いた。

「最初は、心理学者と話をして私のすべての問題を伝えるのはちょっと恥ずかしいものだったが、みんなの助けを借りて私はサッカーで幸福を回復することができた。

「今年の夏、私はプレッシャー無く再び幸せになれるチームに行きたいと 1,2回言った。

「チェルシーで今までよりもずっと幸せだし、ナショナルチームでこれまで以上に幸せだ。たとえそれが私の最高の瞬間でないとしても。」

チェルシー FC は、トップリーグのプレミアリーグで 12試合を終えた現在、マンチェスター・シティ FC から勝点 4ポイント差の 3位につけている。

ブルーズは次のプレミアリーグの試合として11月24日土曜日、ウェンブリー・スタジアムでのトッテナム・ホットスパー FC 戦を控えており、この試合で勝利への復帰を追求する。

チェルシーは、前回のプレミアリーグのリーグ戦ではエバートン FC とスコアレスで引き分けている。

引用元 SPORT REVIEW、和訳者 cheren

 

 

コメント