元チェルシーDFル・ソー、サッリのための奇妙な仕事を提案

Chelsea

画像出典元 Express

アブラモビッチがクラブを買収する 2003年までチェルシーの左 SH を務めていたグレアム・ル・ソーがチェルシーのクラブウェブサイトのインタビューに応じ、必要とされるならサッリやゾラのために一肌脱ぐとコメントしたようです。

 

 

引用記事

グレアム・ル・ソーは、奇妙な役割でチェルシーへの衝撃的な帰還の門戸を開こうとしている。

元チェルシーの DF は、ブルーズが新しい監督のマウリツィオ・サッリの下でシーズンを開始したことに感心している。

イタリア人は、プレミアリーグでの初指揮から無敗を 12試合に伸ばした初の監督である。チェルシーは現在、プレミアリーグの順位では勝点 28 ポイントの 3位につけている。

チェルシーの上位に座するのは 2クラブで、マンチェスター・シティ FC は現在 勝点 32 で首位に立っており、2位のリバプールは勝点 30 でチェルシーとは勝点 2 差となっている。

ル・ソーは、クラブのウェブサイトへのインタビューに対し、チェルシーが今シーズンに成し遂げた印象的なスタートを称えた。

「『シーズンの始まりが』すばらしかった。」と彼は語った。

「私が大好きで望んでいることは、この流れを吹き飛ばさないで欲しいということだ。チェルシーは他のチームと比較してわずかにレーダーの下にいる。

「マウリツィオと彼のスタッフがやっている仕事で、彼らに信用を与える必要がある。それは選手も同じだが、監督の進めようとしていることが前と大きく異なるなら、プレイヤーは前のものを一旦置いて、次のプロジェクトとスタイルに集中することができる。

「チームは本当にエキサイティングなサッカーをしている。新しいサッカーはうまく収まったようだ。

「チームが潜在的な能力を発揮し、個々のプレイヤーが楽しめるレベルでプレーしているのを見ているのが大好きで、チームを楽しんで見守っている。」

スポンサーリンク

元イングランド代表 DF は、現在サッリのアシスタントを務めるジャンフランコ・ゾラのチームメイトで親友だった。

サッリの下でのゾラの役割を称えた後、ル・ソーは、彼が必要とするならば、クラブのために奇妙な役割を果たすことを提案した。

彼は次のように付け加えた。「フランコ・ゾラが再び関わったのを見てうれしく思う。彼が英語から自身の英語に翻訳するのに誰かが必要なら、私は彼のためにそこにいるよ! 」

チェルシーは、インターナショナル・ブレイク明けに厳しいテストに直面する。彼らはトップ4 のライバルであるトッテナム・ホットスパー FC と対戦するため、ロンドンを横断してウェンブリーに向かう。

その後、チェルシー元監督クラウディオ・ラニエリが、フルハム FC の監督としてスタンフォード・ブリッジに凱旋する。

引用元 Express、和訳者 cheren

 

 

コメント