ESPN解説者、プリシッチのチェルシー行きに反対し、リバプールへの移籍を勧める

Chelsea

画像出典元 The Kop Times

先日の国際親善試合でイングランドに 0−3 と完敗したものの奮闘ぶりを讃えられているアメリカ代表 MF クリスチャン・プリシッチは、チェルシーとリバプールというプレミアリーグのビッグ・クラブから注目されていますが、ESPN の解説者は飼い殺しの可能性のあるチェルシーではなく、元ドルトムント監督経験のあるユルゲン・クロップ監督の居るリバプールに入団することを勧めているようです。

 

引用記事

元アーセナルのスター、ESPN 解説者のポール・マリナーは、MF クリスチャン・プリシッチにチェルシーを蹴ってリバプール FC へ入団するようコメントしている。

大評判となっているアメリカ人は、The Guardian の報道によるとウィンガーに興味を持っているプレミアリーグのチェルシーとリバプールへの移籍が噂されている。

プリシッチは、ブンデスリーガの指導者たちから難しいスタートを強いられており、The Express はマリナーが発言したことを以下のように引用した。

「いや、それをしては駄目だ。

「彼にとっては間違ったクラブだ。

「彼はただ、結局レンタルに出されるまともなサッカー選手の一員になるだけだ。

「彼に現在のこの形のチームに入れる余地はあるだろうか?いや、彼は入れないだろう。

元ガナーズは、プリシッチはまだプレイヤーとして成長を続けており、特にユルゲン・クロップ監督がいるので、彼にとってリバプールが素晴らしい環境であると付け加えた。

「もし彼がプレミアリーグクラブを求めているのなら、リバプールに行くべきだ。

「クロップはブンデスリーガを理解しており、選手の育成に何が必要であるかを理解している。 クロップはプリシッチをとてもよく知っている。

「プリシッチがもしリバプールに行くのなら、育成とクロップが選手の人心掌握術に長けていること、これらは彼にとって素晴らしい移籍になると思う。

20歳の選手は、レッズにとって信じられないほどの契約となり、スターが勢揃いした攻撃に更に力を加えることができるだろう。

FW サディオ・マネ、FW モハメド・サラー、FW ロベルト・フィルミーノは、今シーズンはあまり効率よく働けていない。しかし、
プリシッチの追加はそれを変えるかもしれない。

アメリカ人は決して安くはないが、彼はまだわずか 20歳でありとてつもないほどののポテンシャルが備わっている。クロップはドルトムントの若者を獲りに行くべきだ。

引用元 The Kop Times、和訳者 cheren

 

コメント