マウリツィオ・サッリがチェルシーでの4ヶ月間で不満に感じていること

Chelsea

画像出典元 football.london

今シーズンに出場している全大会のこれまでの試合 18試合で無敗を続けているチェルシーでの 4ヶ月間のなかで、マウリツィオ・サッリ監督が感じている不満について、イタリアのメディアがインタビューの内容を報じているようです。

 

 

引用記事

新しいイタリア人監督は、アントニオ・コンテの下での貧しいシーズンを引き継ぎ、ブルーズを変貌させた。

マウリツィオ・サッリは、今夏の SSC ナポリからの退団に続き、チェルシー監督として素晴らしいスタートを切った。プレミアリーグ開幕戦のハダースフィールド・タウン FC 戦で 3-0 で快勝してスタートしたブルーズは、現在全大会で 18試合無敗を維持している。

今年 5月に 3シーズンで 2度目のトップ4 圏外でシーズンを終え悪夢のタイトル防衛となった後、チェルシーは現在、勝点 4差で首位マンチェスター・シティ FC の座を伺っている。

イタリア人監督はチームの新しいシーズンでのスタートに非常に満足しているが、彼はクラブの忙しいスケジュールのためにトレーニングに充てる時間が不足していることついて不満を明らかにした。

「結果とサッカーの質はポジティブだと思っている。」とサッリはジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ経由で Gazzetta dello Sport に語った。

「こんな激しい競争のなかで 18試合無敗、これは私たちが正しい軌道に乗っていることを示している。

「私たちはたくさんプレーし、リズムは本当にタイトだから、私はよりいっそう幸せだ。

「私はすでに多くのコミットメントをしていたことを否定することはできないが、私はまだトレーニングセッションと試合との良いバランスを探している。

「修正するべき事は時間に関連している。トレーニングセッションで多くの時間を確保できなければ、トレーニングでコーチや選手を助けることができないと思う。

「物理的側面だけでなく、精神的側面についてもそうだ。

「ダヴィド・ルイスは、彼の可用性とクレバーさで私を驚かせた。バークリーは、長期間の怪我の後に一貫性を見出した。ウィリアンは素晴らしいクオリティを持っている。

「彼のプレースタイルは英国のリーグに完全に適している。モラタは、迅速かつ技術的に才能のある質の高い選手だ。

「彼は思慮深い人物であり、困難が彼を傷つけていた。」

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

 

コメント