サッリ、「私はチェルシーに参加して頂点に達した」と語る

Chelsea

画像出典元 FourFourTwo

マウリツィオ・サッリは、リバプール FC やマンチェスター・ユナイテッド FC、アーセナル FC といったプレミアリーグでのライバルクラブとの対戦のなかで、サッリ自身が頂点に届いたと感じたエピソードをインタビューで語ったようです。

 

引用記事

マウリツィオ・サッリは、ユルゲン・クロップ、ウナイ・エメリ、ジョゼ・モウリーニョを賞賛すると同時に、イングランドサッカーは試合の「頂点」を代表すると主張している。

チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は、リバプール FC の監督ユルゲン・クロップとの交流で、セリエA からプレミアリーグへの移動がサッリに「頂点に届く」ことを気付かせてくれたと語った。

サッリはチェルシーを率いてプレミアリーグでの戦いを始め、現在でも 12試合の無敗を継続している。そして彼はナポリを離れてから英国のサッカーの経験について興奮的な感情を強めた。

チェルシーが 9​​月にリバプールと連続して 2試合を戦ったなかで、サッリはタッチラインの反対側に居るクロップとの会話にスポットライトを当てた。

59歳の彼は、Gazzetta dello Sport のインタビューでこの瞬間を述べている。

「ある時点で私は彼(クロップ)の方に向くと、彼は笑みを浮かべていた。

「私は近づいて、その理由を彼に尋ねた。

「彼は『私は楽しい時間を過ごしているよ』と言った。 なので「私も」と返した。

「ここで、このような状況を楽しんでいるとき、君は頂点に到達したことに気付くと思うよ。

引用元 FourFourTwo、和訳者 cheren

 

サッリはクロップをプレミアリーグのボスと認め、彼はクロップのアプローチに関して最も近いと感じている。しかし、サッリのライバルであるジョゼ・モウリーニョやウナイ・エメリに対しても暖かい言葉を持っていた。

チェルシーは 8月にエメリ率いるアーセナル FC に 3-2 で勝利したが、10月のマンチェスター・ユナイテッド FC 戦では 2-2 のドローとなった。その後、サッリのスタッフの一人が行った同点ゴールでの挑発的なゴール・セレブレーションについてポルトガル人監督は謝罪を受け入れている。

「私は哲学的にはクロップ近いと感じている。」とサッリはインタビューで答えている。

「私たちの間の言葉のやりとりは、私にとっては模範的なものに感じる。

「モウリーニョは卓越した人材だ。彼は私のアシスタントが引き起こした事件でもスタンフォード・ブリッジの試合の日に素晴らしい印象を与えた。

「プロフェッショナルレベルでは、言葉はほとんど無い。彼はあらゆる場所ですべてを勝ち取っている。

「エメリーは研究者であり、優れたプロフェッショナルだ。彼のサッカーの攻撃的組織は最高レベルだろう。

引用元 FourFourTwo、和訳者 cheren

 

コメント