エンゴロ・カンテ、チェルシーとの契約延長に近づく

Chelsea

画像出典元 Evening Standard

今シーズン、得意な守備的 MF ではなく攻撃的なポジションでの起用が続く MF エンゴロ・カンテに対し、チェルシーは現状チーム内最高額の給金を提示し、エンゴロ・カンテとの契約延長に自信を深めていると地元メディアが報じているようです。

 

引用記事

チェルシーは、今後数ヶ月以内に MF エンゴロ・カンテと新たな契約を締結できると益々自信を深めている。

クラブはフランス代表 MF との契約を維持することに決め、今夏に初めて会談を開いた。

週給最大 29万ポンド(約4180万円)の価値がある新しい 5年契約が提案されてたが、7月に初めて明らかにされて以来、何もサインされていない。

カンテの現在の契約は週給 15万ポンド(約2160万円)で、2021年に失効する。そしてチェルシーは 27歳の未来を確保することをコミットしている。

スポンサーリンク

この提示は、元レスター・シティ FC のスター選手をフランスに惹きつけ、パリ・サンジェルマンが望む永年に渡る獲得の意思を阻むものだ。今週、マンチェスター・ユナイテッドがオファーを行う予定であるとの報道もある。

しかし、チェルシーはチーム内の最も重要な選手の 1人に現金を出すことに興味を示していない。

カンテは、7月に新監督としてアントニオ・コンテに代わって就任したマウリツィオ・サッリの下、3人の中盤のポジションで MF ジョルジーニョの右に布陣してもっと攻撃的な役割を果たすという、新たな役割に慣れなければならなかった。

この変更にも依然として順応しているが、カンテはサッリの下でリーグのすべての試合にスターターとして出場している 7人のチェルシー選手の一人となっている。

彼は 2016年に 3200万ポンド(約46.2億円)でチェルシーに入団後、大きな成功を収めた。そしてチェルシーがプレミアリーグで優勝して 1年後、彼の同僚とフットボール・ジャーナリストたちから、フットボーラー・オブ・ザ・イヤーに選出された。

ブルーズは FW エデン・アザールに週給 29万ポンド以上を提示して西ロンドンに滞在するように説得しているが、カンテの新たな契約は当分の間、クラブの給料最高額のアザールよりも多い金額となる。

しかし、Standard Sport が 8月に最初に明らかにしたように、アザールは契約に関する議論を急いでいない。レアル・マドリードへの入団を夢見ることを公認する FW は、現在の契約が後 19ヶ月以上残っている。

一方で、ACミランは来年 1月にチェルシーのデュオ、MF セスク・ファブレガスと DF ガリー・ケーヒルの獲得に興味を抱いている。

引用元 Evening Standard、和訳者 cheren

 

コメント