セスク・ファブレガスがイングランドから良好な状態で離れる時期

Chelsea

画像出典元 Transfer Tavern

今シーズン、ヨーロッパ・リーグやリーグ・カップといったカップ戦での起用がメインとなっている MF セスク・ファブレガスですが、複数の地元メディアが AC ミランへの移籍の噂を報じているようですが、概ねミランへの移籍を薦める論調が多いようです。

 

引用記事

アーセナル FC とチェルシー FC、両プレミアリーグクラブで長年活躍してきた MF セスク・ファブレガスが、今後の彼のキャリアに役立つ新しい動きを検討することは間違いなく、AC ミランへ移籍することに関して報道された一つの考え方は、彼にとって完璧だと思われたはずだ。

イタリアメディア Calcio Mercato によると、すでに首位ユベントス FC から勝点 13ポイント離され、数ヶ月前にユベントスから散々に痛めつけられてからようやくセリエA の 5位に浮上したミランは、来年 1月にチームの強化を熱望している。

31歳のファブレガスは今シーズン、ブルースの新監督のマウリツィオ・サリの計画の大部分を占めておらず、リーグ・カップとエウロパ・リーグで主にフィーチャーしているが、主にプレミアリーグのベンチに座っている。ファブレガスは2014年にバルセロナからチェルシーに移り、アーセナルの支持者の怒りに溢れ、2015年と2017年にリーグ優勝に終わった。

31歳のファブレガスは今シーズン、ブルーズの監督に新たに就任したマウリツィオ・サッリの計画にはあまり含まれておらず、リーグ・カップとヨーロッパ・リーグを主戦場としているが、プレミアリーグの試合ではベンチに座っている。ファブレガスは 2014年にバルセロナからチェルシーに移り、2015年と 2017年のリーグ優勝に貢献しているが、アーセナルサポーターの逆鱗に触れた。

ワールドカップ優勝を果たしたスペイン人は、今シーズンは出場機会を欠いている。よって、かつて世界で最も革新的でエキサイティングな MF の一人として評された彼の競争力のレベルを維持するためには、イタリアへの移籍はまさに必要な要素である。

ミランのファブレガスへの関心は、最近 7回の欧州チャンピオンでも同様のリーダーシップを築いた、元アーセナルのイワン・ガジディス CEO が引き金である。ギリシャ人 CEO は、ミランをイタリアのトップライバルとして巻き返すことに期待し、新たな選手をサン・シーロに誘い込み、クラブに大きな変化を遂げることを計画している。

そして、ファブレガスにとっては、彼のキャリアのこの段階では理想的なチャレンジでなければならない。現時点でのプレミアリーグの成長とスピードは、完璧なパスを見つけるためにボールに時間を掛けたいと考えるファブレガスのような選手が、対戦チームによって悪用される可能性があることを意味する。

MF エンゴロ・カンテ、MF ジョルジーニョ、MF マテオ・コヴァチッチ、あるいは MF ロス・バークリーとのパートナーシップに関するサッリの信念は、ファブレガスのペースが現在のチームのスタイルにはほど遠いことを示唆している。

監督サッリがファブレガスをスタンフォード・ブリッジへ留めることに興味を持っている唯一の理由は、ヨーロッパ・リーグでのプレーオフ・マッチ、そして今後の FA カップやリーグ・カップでのセミファイナルの可能性のためだ。

申し訳ないが、それはセスクにはあまりにも勿体無さすぎる。

引用元 Transfer Tavern、和訳者 cheren

 

コメント