トレーニングに対するアザールの考え方、マウリツィオ・サッリと一致

Chelsea

画像出典元 football.london

チェルシーのメディアで FW エデン・アザールが DF セサル・アスピリクエタと MF ルーベン・ロフタス=チークに語ったトレーニングに対する考え方は、マウリツィオ・サッリが以前会見で発言した内容と全く一致すると現地メディアが報じたようです。チェルシーでは瞬発力を上げるトレーニングを重視し、筋力系のトレーニングはあまり行われないようです。

 

引用記事

ベルギー代表は今のところチェルシーで素晴らしいシーズンを迎えている。

FW エデン・アザールは今シーズン、マウリツィオ・サッリの下で 7つのプレミアリーグの得点を挙げ、チェルシーでの全大会18試合で無敗を維持するのにも貢献している。

イタリア人監督がベルギー人ウィンガーである 27歳の彼に自分自身を表現することを許したことにより、アザールは得点を奪うためにボールにもっと絡むようになり、自身のキャリアの最高のサッカーでシーズンをスタートさせた。

しかし、ピッチ上と同じくらい、試合から離れていても息はぴったりのようだ。

チェルシーのアプリによるアザールと DF アスピリクエタの特別ライブイベントで、彼らはジムで最低限の時間を過ごす MF ルーベン・ロフタス=チークに尋ねた。

アスピリクエタとロフタス=チークの両名の発言に、アザールは大きな反応を示した。

「フットボールはフットボールであり、フット・ジムじゃない」とアザールは言った。

そして、これらの言葉は、サッリがトレーニングについてコメントしたことをコピーしたものだ。

ベラルーシで行われたチェルシーと FC BATE ボリソフ戦の試合に先立ち、チェルシーの監督は、FW アルバロ・モラタが自宅にいる理由と、ジムでトレーニングするかどうかについて質問を受けた。

しかし、サッリは、ジムがプレイヤーのトレーニングに関してはあまり影響を与えないことをかなり明確にしている。

「今日、彼はエアロビクストレーニングを受けていた。5秒、10秒、15秒、リカバリー、説明するには時間がかかりすぎる。」とサリーは会見で発言している。

「それはエアロビクスのトレーニングセッションだった。

「私たちは強制的にトレーニングを受けることになるが、ウェイトは使用しない。

「私たちがジムでやることはすべて自然なワークだ。

「誰もウェイトトレーニングは行わない。また、ピッチで体重のあるプレイヤーを見たことがないからだ。」

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

 

コメント