サッリ、スパーズがジョルジーニョを完封したことに唖然とする

Chelsea

画像出典元 FourFourTwo

昨日行われたプレミアリーグのトッテナム・ホットスパー FC 戦で今シーズン初敗戦を喫したチェルシーのマウリツィオ・サッリは、この試合で中盤のキーマンである MF ジョルジーニョがスパーズに完全に無力化されてしまったことに衝撃をうけたと地元メディアが報じているようです。

 

引用記事

今シーズン、MF ジョルジーニョはチェルシーにとって重要な選手であり、マウリツィオ・サッリは、ブルーズの MF ジョルジーニョを抑え込んだトッテナム・ホットスパー FC を認めた。

土曜日に行われたトッテナム戦で MF ジョルジーニョを抑えこまれ、チェルシーは 1-3 で敗戦した。マウリツィオ・サッリは、この試合でトッテナムの戦術に巻き込まれたことを認めた。

スパーズはプレミアリーグのウェンブリーでの戦いで、かなりの時間激しいプレーをみせ、FW オリビエ・ジルーが慰めとなるゴールを決める前に、MF デレ・アリ、FW ハリー・ケイン、FW 孫 興民がスコアシートにその名を刻んだ。

さらに、これはおそらく最も顕著だったが、アリと孫はあべこべに仕事をしようとし、このペアが交互にジョルジーニョを苦したことにより、チェルシーがシーズン初期で構築した素晴らしい戦術に大きな影響を与えた。

サッリは、トッテナムが中盤の戦いの鍵を明らかに掌握して勝利したことを認識し、開幕 20分間の彼のチームのパフォーマンスを「大惨事」と表現している。

「試合の5分後、いつものようにジョルジーニョを使うことは非常に難しいことが明らかになった。」

自身のプレミアリーグでの初の敗戦により、ロンドンのライバルクラブ、スパーズに順位で追い抜かれた後の記者会見で、チェルシー監督は語った。

「CB から反対側のフルバックにボールを入れなければならなかったが、それがプレーするためのボールを 1〜2 秒間確保するた唯一の方法だった。

「私たちは、通常 4-2-3-1 または 4-3-3 でプレーしていた彼らが、この試合では 4-3-1-2 でプレーしていたので驚かされた。」

引用元 FourFourTwo、和訳者 cheren

 

サッリはトレーニングのワークが今は重要だと言う。

「ディフェンスのフェーズが今日の災害だったので、何かをやろうとしなければならない。アタッカーの選手たちはひどく圧迫され、中盤はうまく守備できず、ディフェンスラインは大惨事だった。」

引用元 Twitter、和訳者 cheren

 

「5分後、状況は非常に明確だった。私たちは多くのボールを失ってしまった。トッテナムに対して、自陣でボールを失うことは非常に危険だ。

「ショートカウンターでは、彼らはヨーロッパで最も強力なチームの 1つだ。それは災害であり、20分後の 0-2 が最小失点なほどに攻めたてられた。」

しかし、対戦相手トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、サッリの分析に少し困惑させられたものの、彼の側が一貫して各試合で形を変えることを強調した。

「計画は試合に勝つことだったが、私たちは勝った」とポチェッティーノ監督は語った。

「私たちは固定されたフォーメーションは使わない。

「チャンピオンズ・リーグ、カップ、プレミアリーグでプレーしているすべての試合で私たちをフォローするなら、私たちはフォーメーションについては話さないことはわかるだろう。私たちは戦術や動きについて話す。

「私たちはボールを持たない時間帯の守備的な状況でチームをどのように編成するか、相手側陣地でボールを奪ってプレーする方法について話す。」

引用元 FourFourTwo、和訳者 cheren

 

コメント