サッリはファンが無視するチェルシーの問題を直視している

Chelsea

画像出典元 The Pride of London

先日敗戦したトッテナム・ホットスパー FC 戦を経て、様々なファンやメディアが批判や提言を行っていますが、とあるメディアも危機感を煽ってチェルシーやサッリに改善を求める内容を報じているようです。

 

 

引用記事

Maurizio Sarri sees the problems at Chelsea that some fans ignore
Reactions to the loss to Tottenham were the usual mix of overreaction versus underreaction. Maurizio Sarri sees Chelsea's issues even if most ignore them. ...

トッテナム・ホットスパー FC 戦の敗北に対する反応は、いつもどおり過剰反応や過小反応が混じり合ったものとなった。マウリツィオ・サッリは、たとれそのほとんどが無視できるものだっとしても、挙がっているチェルシーの問題を頭に入れている。

チェルシーのファンの一部は、誰かがスパーズ戦で災害に遭ったと呼んでいるのを見て、過剰に反応しすぎだと言っている。これはシーズン中の最初の敗戦であり、これらのことは結局時間がかかる。そう言っている人を除くと、原因はマウリツィオ・サッリ自身だと言っている人も居る。

チェルシーは少なくともバーンリー FC 戦以来、同じ問題を抱えている。

この試合以来、ほぼすべての試合で、対戦チームがゆっくりとチェルシーを止める方法の青写真を完成させていくにつれて、ブルーズの試合運びはどんどんゆったりとしたスタートとなっていった。

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督がそれを完遂し、この試合でサッリとチェルシーのスコアが 5-0 や 6-0、または 7-0 とならなかったことは大変な幸運だったといえる。

この敗戦はシーズンの最初の敗北だったが、このチームへの批判は受けるに値する状況である。しかし、批判し、改善する時間は、数回の敗戦の後まででは済まない。トッテナムが示したように不変でなければならず、最終的には大掛かりな何かに投資することになるだろう。サッリは、多くのファンが世界を無視して現実から目を背けているものを見ている。

サッリは試合のどの部分も好きではなかった。攻撃にはプレスが無く、中盤のプレスも無く、ディフェンス陣の守備は笑われるだろうと言った。MF エンゴロ・カンテや MF ジョルジーニョ、MF ロス・バークリーあるいは MF マテオ・コヴァチッチ、FW ウィリアンか FW オリビエ・ジルー、もしくは FW アルバロ・モラタよりもますます深刻になっている。

チェルシーは夏のプレシーズンを通してほとんど改善しなかった。パース・グローリー FC からコミュニティー・シールドでのマンチェスター・シティ FC 戦に至るまで、すべてがほぼ同じままだった。サッリは、彼らが必要とされる場所に達するのに数ヶ月かかるだろうと言っていた。

その後、チェルシーは見事にプレミアリーグ開幕戦のハダースフィールド・タウン FC 戦から ヨーロッパ・リーグの FC BATE ボリソフ戦までの 13試合では持ち直し、チームは改善してその高さに達しているようだった。

しかしバーンリー戦からスパーズに敗れるまで、チェルシーはそれぞれの試合で苦しみもがいていた。これらの試合で、チェルシーは 4勝 1分け、そして 1敗の戦歴だったが、しかしすべてが退行し始めた。トッテナム戦がどん底であるかもしれないし、そうでないかもしれない。しかし、すべての問題がこの試合で危機に陥ってしまった。

トッテナム戦での敗北は、ただ困惑だった。相手が誰だったからではなく、たまたま試合の結果が非常にうまくいっていただけで、実際には歴史的な打撃を被った可能性があったからだ。今は、「チームに時間を与える」だとか「ただの初敗北なだけ」だとか言っている時ではない。今は問題を抽出して修正する時期だ。サッリはファンの大部分が大船に乗った気分になっているだけであったとしても、問題を直視しているようだ。

サッリは、12月を超えて監督の正確な分類を表すだろう。DF ダヴィド・ルイスの「パフォーマンス」は下落しつつある。フロント 6人のバランスは悪く、それには良い解決策はほとんど見られない。そしてトッテナムは、純粋なゾーンマーキングシステムが過去のものであることを効果的に証明した。

監督は問題を認識しているが、何かを修正する必要がある。選手が悪いのか、システムが合っていないのかは問題ではない。不均衡が発見されても、後戻りはできない。何かを変えなければならない。

批判のすべてがオーバーリアクションというわけではないが、それらは時間が経つにつれて肥大化した問題からの洞察に過ぎず、最終的にはそれらは自分自身に返ってくるだろう。

引用元 The Pride of London、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました