選手1人のためにマウリツィオ・サッリはプレミアリーグで勝ち抜けない

Chelsea

画像出典元 Daily Star

今シーズンのチェルシーストライカー陣の得点数の少なさが批判の的になっていますが、トテナム・ホットスパー FC 戦で活躍できなかった FW アルバロ・モラタがチームからの信頼を失ってしまっていることを地元メディアが指摘し、今冬でのストライカー獲得を提唱しているようです。

 

引用記事

もしチェルシーが FW アルバロ・モラタを根気強く起用し続けるなら、プレミアリーグでの勝利は得られないだろう。

これは、元トッテナム・ホットスパー FC のストライカー、アーメド・ホッサム(通称:ミド)の発言である。

今シーズン、モラタは現在のところブルーズで 6得点を挙げている。しかし彼は自信の喪失に苦しんでおり、決定的なゴールチャンスを立て続けに逃してしまっている。

モラタは昨シーズンから苦労を重ねており、1月の FW オリビエ・ジルーの加入により最終的にポジションを失った。

今夏にアントニオ・コンテに代わって監督に就任したマウリツィオ・サッリは、現 AC ミランの FW ゴンサロ・イグアインとの契約に向けた絶え間ない努力にもかかわらず獲得に至らなかったため、結果的にモラタに固執することを選択した。

しかし、26歳の選手は輝きを失い、チェルシーは土曜日にトッテナム戦でシーズン初の敗戦を喫したことにより、再び失望されてしまった。

西ロンドンのクラブは、プレミアリーグ優勝を賭けて王者マンチェスター・シティに挑もうとする候補の 1チームである。

しかし、ミドはライバルとの競り合いを望むなら、来年 1月に新しい FW のプレイヤーを獲得する必要があると考えている。

「彼には失望している。」ミドは talkSPORT に語った。

「フェアな立場から言えば、私はイタリアの多くの試合を見てきたが、モラタはユベントス時代、とてもうまくやっていた。

「しかし、イタリアでは試合は少し遅く、彼は速い。彼の DF の裏を突くランが使え、そして彼は良いフィニッシャーだ。

「だが、私はただその夜の『トッテナム戦』で、チェルシーの選手は彼を信頼していないという印象を受けた。

「何度もモラタはランを繰り返したが、まるでチームは彼にボールをパスしてもボールを失ってしまうと感じているかようだ。

「チームは彼に疑問を抱いている。

「何かを獲得したいのなら、モラタはファースト・チョイスではないはずだ。それが私の意見だ。

「彼はプランB としてなら良いだろう。ボックスにロングボールを放り込んでダイレクトにプレーするなら、彼は良いオプションになる。

「しかし、チェルシーのようなクラブでストライカーとしてファースト・チョイスになるためには、ディディエ・ドログバのように振舞う必要があり、周りの誰からもその信頼を持っている必要がある。

「私には、彼にそれがあるとは思えない。」

引用元 Daily Star、和訳者 cheren

 

コメント