フォーメーションの変更はチェルシーとマウリツィオ・サッリを救うか

Chelsea

画像出典元 Chelsea Daft

敗北を喫したトテナム・ホットスパー FC 戦の後、様々な地元メディアがチェルシーの問題点と打開策を議論していますが、とあるメディアはカンテとジョルジーニョを横に並べるフォーメーションの微調整を提案しているようです。

 

引用記事

トッテナム・ホットスパーズ FC 戦での悪夢のパフォーマンスと敗北は、まだ私たちの記憶に新しい。そしてマウリツィオ・サッリの下で守備的な面について変化させる必要があることは明らかだ。

すべての私たちの問題に対する答えは、フォーメーションのわずかな微調整だけで済むだろうか?

スポンサーリンク

私は個人的に MF エンゴロ・カンテと MF ジョルジーニョのポジションを交換するよう呼びかけていた。そうすれば、現在のサッリの 4-3-3 フォーメーションの枠組みの中で、ボールが無い守備フェーズがはるかに効果的なものになるからだ。

監督はこのフォーメーションでプレーすることが好きなのでシステムが変わることは無く、この 4−3−3 を基本として戦術的アプローチを構築していることから、それが起こると私は確信している。

トッテナム戦以来時間が経過したことを考えれば、マウリツィオ・サッリがジョルジーニョをピボットポジションから変えようとしていないことも明らかとなっている。

ボールを使った彼の足は違いを生むことが出来ることを私たち全員が同意できるほどに、ジョルジーニョは貴重な人材である。問題は、ジョルジーニョがボールを持っていないときに何が出来るかである。彼は守備性の欠如により、相手の攻撃に対して単純に対処できないという事実がある。

このような押し合いの中での重要な役割で、かつタックルに勝つ能力を持つプレミアリーグでは、重要なタックルが鍵となる。トッテナム戦を目の当たりにして、彼はそのポジションから別の位置に移るか、または彼を助けるために彼の横へフォローに行く必要がある。

よって、チェルシーのフォーメーションと、チェルシーに合っていると考えられる微妙な変化には、中盤の真ん中で攻撃のためのオプションであるボックス・ツー・ボックスの喪失という唯一の否定的な見解がある。しかし、チェルシーの 4バックの前で行う追加のディフェンスラインの保護とボールが無いときの守備力の向上のためには、それは攻撃への転換を考えた際の小さな犠牲だと考えられる。

私が提案したいマウリツィオ・サッリが行うべき変更は、ジョルジーニョの横にエンゴロ・カンテを配置する 4-2-3-1 のフォーメーションに切り替えることだ。この調整をすることで、カンテを自然なポジションでプレーさせるだけでなく、ジョルジーニョにピボットポジションでプレーさせて今までと同様にボールを味方に行き渡らせるオプションを与える。

この記事を書く前、Monday Night Soccer でカンテとジョルジーニョのポジションの問題点ついて触れたサッカー解説者ジェイミー・キャラガーの批評をちょうど見た。

彼は SkySports のビデオクリップで私がビジュアルフォームで考えてきたものを正確に説明している。

キャラガーはビデオで発言しているが、多くの人々がエンゴロ・カンテの功績を認めていないと考えられるが、彼はサッカーをプレーできる。

私たちの多くは、チェルシーを止めるためにジョルジーニョを無力化したという事実、そして対戦相手がチェルシーの直近 2試合を見て戦術的なアプローチを調整し、それを正確に行うように忠実にプレーしたという事実について議論している。

もし私たちが今シーズンにそう頻繁に見ているように、カンテがジョルジーニョの隣でプレーして、ディフェンスの外へパスを出せるという追加のオプションを 4バックに与えられたらどうなるだろうか。

スポンサーリンク

チームは 2人の MF に高い位置へのプレッシングに参加させたくないということを想像しなければならない。なぜなら、中盤深い位置の MF 2人がハイプレスに参加した場合、ボールがそのハイプレスを掻い潜ってしまったら、上がったことによって生まれたスペースが露呈したままとなるからだ。

カンテとジョルジーニョを隣同士でプレーさせることで、MF ロス・バークリーや MF マテオ・コヴァチッチ、そして MF ルーベン・ロフタス=チークが、ハイプレスを掛ける中盤の唯一のポジションを巡って争うこととなり、FW エデン・アザールが左に広がり、FW ウィリアンと FW ペドロが右サイドのポジションを争うこととなる。

また、アザールを中盤と他の 2つのサイドのどちらかでプレイすることも可能だ。

明日の夜、チェルシーは PAOK と対戦する。日曜日のフルハム FC 戦に先立って、多くのローテーションが期待される。フルハム戦の後、私たちはプレミアリーグでのマンチェスター・シティ FC 戦の前にウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ FC 戦を控えており、シティ戦の前に新しい形を試してみるチャンスが与えられる。

ここで言いたいのは、明らかに何かを変えなければならないということだ。ジョルジーニョがピボットの役割にとどまることを考慮して、ディフェンス的な安定性を与えるのは唯一可能な解決策だ。

これについてあなたはどう思うだろうか?

引用元 Chelsea Daft、和訳者 cheren

 

 

コメント