バイエルン・ミュンヘン、チェルシーの若手カラム・ハドソン=オドイの獲得を熱望

Chelsea

画像出典元 Mirror

今シーズンはブンデスリーガで調子を落としている独王者 FC バイエルン・ミュンヘンが、MF ジェイドン・サンチョや FW リース・ネルソンといった、最近のブンデスリーガで活躍する若手イングランド人という流行に倣って、同じ英国人のチェルシー若手 MF カラム・ハドソン=オドイの完全移籍を狙っているようです。

 

 

引用記事

ドルトムントの MF ジェイドン・サンチョがドイツで成功しているのをうけて、ブンデスリーガの巨人がチェルシーのウィンガーの強襲を検討しているようだ。

FC バイエルン・ミュンヘンは、チェルシーのワンダーキッド、カラム・ハドソン=オドイを追いかけている。

スポンサーリンク

ドイツの巨人は 18歳の若手が巨大な可能性を秘めていると信じており、ブンデスリーガに切り替えるために彼を次の英国人としてターゲットに定めたようだ。

ブンデスリーガの若手に目を向けると、ジェイドン・サンチョはボルシア・ドルトムントで大ヒットを記録し、アーセナルから TSG1899 ホッフェンハイムへレンタル中の FW リース・ネルソンも鋭いフォームを見せている。

バイエルンは、ハドソン=オドイが昨年夏にファーストチームへの出場の機会を与えられる旨伝えられていたが、今シーズンはファーストチームへの合流のチャンスに恵まれず挫折していることを認識していた。

チェルシーは、昨年の U-17 のワールドカップに優勝したイングランド代表チームのスターの 1人だった熱い見込み客をレンタルで貸し出す準備ができている。

しかし、チェルシーはプレミアリーグのチームへのレンタル移籍を考えているが、バイエルンは完全移籍での契約を切望している。

ハドソン=オドイの契約は 2020年に終了するが、イングランド人の若手選手たちが軒並み海外でこのような成功を収めており、いくつかの有力な欧州クラブが狙っているため、バイエルンが彼と契約して喜びを得られるかどうかはまだわからない。

ボルシア・ドルトムントは、先々のために多くのイングランド人ユース選手の市場を探し回りながら、ハドソン・オドイに注視してきた。

一方で、サンチョの同僚である MF クリスチャン・プリシッチによると、英国人のサンチョはトップに到達できるとコメントしている。

サンチョは、木曜日のウェンブリーでの米国との親善試合で初のイングランド代表として出場する態勢を整えていた。 米国サッカーの看板選手であるボルシア・ドルトムントのチームメイト、プリシッチのチームとの遭遇が見られただろう。

20歳のプリシッチは、2015年にドルトムントに合流した。彼は今、昨シーズンに加入したブンデスリーガで嵐を巻き起こしている 18歳の英国人の側に居る。

「彼のような男には限界がない。  彼がどのくらいの才能とどれだけのスキルを持っているかを見ることができる。」とプリシッチは発言している。

ジェイドンはこれまでのところ、ドルトムントで素晴らしい結果を出し続けてきた。今シーズンは本当にうまくやっている。

「うまくいけば、彼はこの道を歩み続けるだろう。彼を見たときの私の最初の印象は、『たくさんの才能を持つ有望な選手』だ。」

引用元 Mirror、和訳者 cheren

 

 

コメント