チェルシーがタイトルレースに留まるために必要なこと

Chelsea

画像出典元 Last Word On Football

現在プレミアリーグ 4位のチェルシーは、最近の低調なチームの調子からタイトル争いから徐々に遠ざかりつつあります。そんな中で、地元メディアはチェルシーがタイトル争いに留まり続けるための方策について提議しているようです。

 

引用記事

トテナム・ホットスパー FC は、チェルシー戦で実践してみせたエバートン FC のアプローチに沿っていた。ボールの供給元を断つ。プレーメーカーを止める。MF ジョルジーニョのスペースを潰す。イタリア人の影響力はたちまち無くなり、チェルシーはこの戦術からリカバリーできなかった。彼は明らかにチェルシーのメトロノームである。この試合はそれが顕著に出た。

チェルシーの攻撃力はなまくらとしか言いようがなく、ボールをネットにどのように沈めるべきか、その探求に躍起になっている。サッリには、早急に実装できるバックアップ・プランが必要である。

彼らにはいくつかの選択肢が用意されているが、実態を把握できず暴走した指導者として評価の失墜を避けるために、すばやく行動しなければならない。これがチェルシーがタイトルレースに留まるために適応する方法である。

引用元 Last Word On Football、和訳者 cheren

 

チェルシーがタイトルレースに留まるためにはどうすべきか

中盤の人員の整理

ジョルジーニョがチェルシーのプレイを活性化させることができなければ、彼らはインスピレーション、創造性、知性、そしてドライブが欠けているように見えてしまう。

彼らは、1人のプレイヤーにチームが過度に依存することを許さない。そのため、MF セスク・ファブレガスはエバートン戦で力尽きてしまった。ダイレクト・パサー、ボールを慎重に動かすことを理解している誰か、そして相手ディフェンスの隙をついて解除する巧みさを持っている選手のように、チームに別の概念を追加することが必要だ。

チェルシーのバックアッパーとしてファブレガスしか居ないのであれば、彼らは困ってしまうだろう。MF マテオ・コバチッチはもはや中盤に参加していない。彼のドライブと努力は評価されているが、まだ持っていないチームには何も与えない。

MF ルーベン・ロフタス=チークと MF ロス・バークリーがまさに今インパクトを与える必要がある。今やチームを回して変化させ、健全な競争を再活性化し促進することが期待される状況で、輝く英国人の才能に目を向けないほどサッリは愚かではないだろう。

選手がポイントを確認し、中盤の場所を固めようとしていることに疑いの余地はない。どちらのプレーヤーも、ペース、パワー、ドリブル能力を持ち、最近の活躍には目を見張るものがある。これらはコヴァチッチに欠けているものだ。

引用元 Last Word On Football、和訳者 cheren

 

形を作り直す

チェルシーにはそれらを成し遂げられる選手たちが居る。彼らはまた、ノウハウを持ち、リカバリーを成功させる特質を持っている。

しかし、今チームは弱点を露呈しており、いつものようにやっかいなことがチェルシーに戻ってしまった。彼らは突然暴落のギリギリ端へ追いやられように見えるが、より明白な二つ目のシステムが必要だ。

引用元 Last Word On Football、和訳者 cheren

 

偽9番

サッリは、実際に、スパーズに対してこれを試した。ウィンガー、または MF をストライカーとして展開する方法だ。それは攻撃的な創造性と動きを促進させる。メインとなるターゲットマンが居ない場合、偽9番としてプレーすることに信頼されているプレイヤーは、粗野な DF を混乱させる自由な役割を担っている。

今のところプレミアリーグでは、チームは偽9番を正しく実装してはいないが、チェルシーは、サッリが率いた SSC ナポリで実践していた偽9番をほぼ完全に置き換えている。

FW ドリース・メルテンスと FW エデン・アザールの間には明確な類似点があり、どちらもベルギー人であり、どちらもトリッキーであり、両者ともゴールを決めている。

偽9番としてのアザールは、今後数週間で実現する可能性があるが、今の段階ではまだ否定的である。

引用元 Last Word On Football、和訳者 cheren

 

危険を伴った戦術

アザールは非常にうまく今シーズンを開始できており、最近まではリーグで破竹の勢いだった。ではなぜサッリは彼を中央に動かすのだろうか?とにかく自由な役割を持つウィンガーとしてのアザールには、相手ディフェンダーを引き離す強さが垣間見える。

MF を移動させ、チームメイトのためのスペースを確保する。彼はその間に矢のようなシュートを放ったり、幾人かの選手をスルーボールで置き去りにする能力を持っている。もし彼が最前線に上がるならば、彼のスペースは失われるだろう。また、彼をマークする方が DF にとってははるかに簡単だ。

チェルシーも歴史的にターゲットマンとして活躍した人物が居た。FW ディディエ・ドログバを筆頭に、FW ジエゴ・コスタ、FW オリビエ・ジルー、さらには FW アルバロ・モラタも空中戦を得意とする。チェルシーがプレッシャーをかけているときに、DF マルコス・アロンソがクロスを放つオプションや、DF がアウトボールを提供するオプション。

かつてはこれらの大きなプレゼンスを前面に出して、チェルシーはフィジカルスタイルのフットボールを実践し、彼らがタイトルを獲得し損なうのを見てきた。サッリはその方針とは異なった、そして新しいイデオロギーを持つ監督だ。彼はボールポゼッションを重視してプレーしたい。

しかし、エデン・アザールがボールを狩られる原因となったとき、ブルーズがロングボールをしなければならないときに、この強固さが欠如していることは明らかだ。

これはアザールを悩ませるだけでなく、チームを助けるものでもない。ボールをすばやく失うだけでなく、FW を疲れさせ、モチベーションを損なわせる原因となりうる。土曜日にもジルーが途中出場する前にこのことが起こっている。

引用元 Last Word On Football、和訳者 cheren

 

コメント