バルセロナ、DF アンドレアス・クリステンセンを獲得リストに乗せる

Chelsea

画像出典元 We Ain’t Got No History

今シーズンはヨーロッパ・リーグやカップ戦を主戦場とし、代理人の父親も出場機会を求めてチェルシーからの退団を仄めかしている DF アンドレアス・クリステンセンについて、ラ・リーガの FC バルセロナが獲得を検討していると噂されているようです。

 

引用記事

チェルシー DF アンドレアス・クリステンセンは、過去数年間 FC バルセロナと何度もリンクしており、チェルシーの見通しとは逆の関係にあるという噂が流れている。

彼がブンデスリーガのボルシア・メンヒェングラートバッハでのレンタル期間中に印象的なプレーを見せていた時から、その潮流は高まっていた。彼がチェルシーに戻ってきたとき、海は穏やかになり、すべては陽気で幸せだった。

しかし悲しいかな、クリステンセンの状況は 2018年にかなり悪化してしまった。彼は前監督アントニオ・コンテの下でファースト・チョイスとしてスターティング・イレブンに名を連ねていたが、今サッリの下ではバックアップとして扱われている。

そして意外なことに、彼にはバルセロナとの噂が戻ってきている。

スポンサーリンク

カタルーニャのスポーツ紙によると、バルセロナは DF サミュエル・ユムティティのバックアップとなる CB を探しているようだ。サミュエル・ユムティティは手術が必要となるほど重大な膝の問題を繰り返しており、数ヶ月間不在になる可能性がある。

バルサが狙うメインターゲットは明らかにアヤックスで評判の高い DF マタイス・デ・リフトだが、2番手として狙うターゲットの一人として、不幸なクリステンセンの名前が挙がっている。

引用元 We Ain’t Got No History、和訳者 cheren

ユムティティが手術に踏み切る場合、バルサはクリステンセンに目を向ける

引用元 Twitter

 

バルセロナは、3年半の契約を残す 22歳のクリステンセンの放出をチェルシーが躊躇しているにもかかわらず、獲得のチャンスについては楽観的であると伝えられている。

クリステンセンの陣営は彼の状況について多くの騒音を作り続けているが、彼が移籍を強行しようとする動きはあまり驚くことではないだろう。

クリステンセンには、ボルシア・メンヒェングラートバッハや AC ミランといった他のクラブも関心を寄せているという報道もある。

クリステンセンは、プレミアリーグ以外の大会を主戦場ととしており、そのなかでは定期的な出場機会は獲得できている。

おそらく、12月以降に予定されている多忙なスケジュールではこの状況も変わるだろうし、彼が来年 1月またはシーズンの終了後にチェルシーを退団する可能性については、まだ心配する必要はないだろう。

引用元 We Ain’t Got No History、和訳者 cheren

 

 

コメント