ハーグリーブス、チェルシーにカラム・ハドソン=オドイについて警告する

Chelsea

画像出典元 football.london

先日のヨーロッパ・リーグ PAOK 戦でゴールを決める活躍を見せたチェルシー MF カラム・ハドソン=オドイについて、地元メディアがこの活躍を見たバイエルン・ミュンヘンがハドソン=オドイの獲得をより強く切望しているとチェルシーに警告したようです。

 

引用記事

チェルシーは、多くのヨーロッパのトップクラブが欲しがっているヤングスターをキープしておきたいと考えている。

元バイエルン・ミュンヘンの MF オーウェン・ハーグリーブスは、ブンデスリーガで MFジェイドン・サンチョと FW リース・ネルソンが活躍した例が原因で、チェルシーが FW カラム・ハドソン=オドイを失うことに懸念を抱いている。

バイエルン・ミュンヘンは、以前は AS モナコと結びついていた10代の FW の潜在的な獲得先として名前が挙がっており、DF ジョナサン・パンゾがスタンフォード・ブリッジから AS モナコへ移籍したあと、彼を手に入れようとしたクラブとしても有名だ。

マウリツィオ・サッリは、既にブルーズのヨーロッパ・リーグのベスト 32 のノックアウトステージ進出が確定していることをうけ、若手アタッカーに PAOK 戦でのシーズンの最初の先発の機会を与えた。

試合開始で 45分に輝いた後、彼は試合後半にゴールという形で彼のマークを残した。そしてそのヤングスターがうまくいくことを望んでいたホームのファンを喜ばせた。

イタリア人監督は試合前、ハドソン=オドイがチームに入り込む可能性について語っていた。

「彼は改善しなければならない。本当に彼は多くを改善しなければならない。」サッリは試合前の記者会見で語った。

「まず第一に、守備フェーズ。彼は仕事をしなければならない。そして彼は攻撃的フェーズでも改善しなければならない。彼は 1対1 では非常に良いが、彼はオフ・ザ・ボールでの動きを学ばなければならない。

「彼は潜在的に非常に良い選手であり、今では彼は勉強し、改善し、努力しなければならない。しかし、私はそれが本当に非常に正常だと思う。彼は18歳なので、それが正常だ。私は彼のためのスペースを探している。

「現時点で 28人の選手がいるので、それほど簡単なことではない。私にとっては簡単ではない。彼をスターティング・イレブンに入れることは簡単なことではない。おそらく、プレミアリーグの試合ではベンチに FW モーゼスあるいは FW ペドロが居たが、それで、木曜日のスターティング・イレブンにこのタイプの選手を置かないわけにはいかない。

「難しいことだが、私は彼のためのスペースを見つけることを試みる。彼は 18人のベンチ入りメンバーに名を連ねる。彼をスターター起用するかどうかわからない。」

ハーグリーブスは、2000年にプロデビューしたクラブであるバイエルン・ミュンヘンで 4回マイスターシャーレを獲得し、チャンピオンズ・リーグでも優勝した。

チェルシーのヨーロッパ・リーグでの PAOK との衝突を報道したBT Sport の解説者としてハーグリーブスは、特に彼の元クラブであるバイエルン・ミュンヘンの動きを語っている中で、ハドソン=オドイの選択肢を考えるうえでネルソンとサンチョが影響を与えるだろうとブルーズに警告した。

「彼はエキサイティングな若い選手だ」と彼は語った。

「ちょうど45分でどれほどのビデオクリップに登場しただろうか。彼がボールに触れるたびに、彼は何かを起こす。 彼はそれ以上のことを望んでいる。

「ハドソン=オドイはドイツでのジェイドン・サンチョとアーセナルからのレンタルでプレー中のリース・ネルソンの成功を見ている。彼らは絶対に飛び抜けている。プレーするだけでなく、ゴールやアシストを得ることについても。

「彼は有能だが、ただ、チャンスが必要だ。」

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

 

コメント