チェルシーはコヴァチッチのレンタルが終了したら、メイソン・マウントを育てるべきだ

Chelsea
OLDHAM, ENGLAND - AUGUST 14: Mason Mount of Derby County during the Carabao Cup First Round match between Oldham Athletic and Derby County at Boundry Park on August 14, 2018 in Oldham, England. (Photo by James Williamson - AMA/Getty Images)

画像出典元 The Boot Room

今シーズン、ダービー・カウンティ FC へレンタルに出している MF メイソン・マウントがカラバオ・カップのチェルシー戦でも活躍したことは記憶に新しいですが、地元メディアはレアル・マドリードからシーズン・レンタルで加入している MF マテオ・コヴァチッチとの契約が終了したら、メイソンを戻して選手起用するべきだと主張しているようです。

 

 

引用記事

チェルシーに到着してから 3日も経たないうちに、新たな監督として就任したマウリツィオ・サッリは、イングランド人若手 MF メイソン・マウントのダービー・カウンティ FC へのレンタル融資を承認した。

19歳のマウントは既にに若者でありながらイングランドのフル代表として選出されるレベルで、10月のクロアチアとスペインと国際試合では、フル代表のベンチ入りメンバーに指名されている。

スポンサーリンク

チェルシーのユースチームとレンタル移籍先のオランダのフィテッセ・アーネムで輝きを放ったマウントは 13ゴールをマークし、40試合で 10アシストも記録した。彼はチェルシーのレジェンドであるフランク・ランパードと、英国内初のチーム所属経験を引き出すという視点でリンクしていた。

マウントはリーグ・カップでチェルシーと対戦することになることはほとんど考えてもいなかったが、彼はカップトーナメントで敗退したにもかかわらず、ラムズの中で輝いていた。

マウントがレンタル先で活躍している時に、レアル・マドリードから渡ってきた MF マテオ・コヴァチッチは、サッリのチェルシーで定期的な出場機会を得ている。しかし、彼はゴールやアシストの面では大きな貢献をしているとは言い難い。

スペインの巨人レアル・マドリードからコヴァチッチの契約をシーズン・レンタルで確保したにもかかわらず、その当時ブルーズは購入条項に同意していない。つまり、彼はこのままではスペインの首都に戻ることとなる。

マウントが英2部のチャンピオンシップではあるものの大きな進歩を遂げたことで、マウントのレンタル契約が切れた場合、コヴァチッチを置き換えるために若い英国人のタレントをファーストチームに昇進させることを検討したほうが良いかもしれない。

引用元 The Boot Room、和訳者 cheren

 

 

コメント