ヨーロッパ・リーグ PAOK 戦で学んだ 3つのこと

Chelsea
Callum Hudson-Odoi of Chelsea during the UEFA Europa League Group L match between Chelsea and PAOK at Stamford Bridge on November 29, 2018 in London, United Kingdom. (Photo by Nicolas Economou/NurPhoto via Getty Images)

画像出典元 The Chelsea Chronicle

ヨーロッパ・リーグ第5戦ホームで 4−0 と快勝した PAOK 戦で、躍動した若手プレイヤーたちや普段サブやターンオーバー起用される選手たちをもっとリーグ戦でも出場させるべきだと地元メディアが提言しているようです。

 

引用記事

チェルシーがスタンフォードブリッジで PAOK を薙ぎ払った試合で、私たちが学んだ 3つのことを吟味しよう。

引用元 The Chelsea Chronicle、和訳者 cheren

 

スポンサーリンク

サッリはフルバックを変える必要がある

DF ダヴィデ・ザッパコスタも DF エメルソン・パルミエリも、それぞれ右と左の SB ポジションに対する長期的な回答ではない。しかしながら、目下のところ彼らは DF セサル・アスピリクエタと DF マルコス・アロンソよりも優れている。

明確にしておくと、アスピリクエタとアロンソが悪いプレイヤーということではなく、単にマウリツィオ・サッリののプレースタイルに合っていないということだ。どちらのプレイヤーも素早く、ウィンガーのためのスペースを交差させたり、重ね合わせることによって正面にスペースを作ることができる。

スポンサーリンク

ザッパコスタもエメルソンも、どちらもこのような能力を持っており、チームをもっと脅かすことができる。

彼らは最高レベルのディフェンスレベルを要求されていると見なされるかもしれないが、大抵の場合チェルシーは対戦相手への攻撃が優先される。どちらのプレイヤーも、リーグでもっとチャンスを与えられる必要がある。

引用元 The Chelsea Chronicle、和訳者 cheren

 

カラム・ハドソン=オドイは準備ができている

18歳の MF カラム・ハドソン=オドイは、リーグでも定期的にスターティング・イレブンとして起用される用意があることを示した。

18歳の彼は、リーグ側で定期的に開始する用意があることを示しました。まだまだいくつかの側面でトレーニングが必要だが、率直に言って、彼はこの数週間で FW ウィリアンよりも優れたプレーをした。

ハドソン=オドイは、このままプレーさせるか、チェルシーから放出させるかをプレーで証明してみせているかのように見えた。

彼はシニアプレーヤーのウィリアンよりも目立っており、したがって、プレーする価値に値する。それは至ってシンプルだ。給料、名声、移籍金の価値で試合に出場する選手を決めるべきではなく、ただその時のパフォーマンスで決めるだけだ。パフォーマンスを見て、この若いイングランド人はプレーする価値がある。

引用元 The Chelsea Chronicle、和訳者 cheren

 

ルーベン・ロフタス=チークも同じだ

試合に出場するの値すると言えば、ロフタス=チークも単純にリーグ戦に出場させなければならない。MF マテオ・コヴァチッチ、MF エンゴロ・カンテ、MF ロス・バークリーのプレーを目の当たりにして、ロフタス=チークにできることは何だろうか。

ここに挙げられた 3人か 4人、誰もこのエリアにドリブルで突破し、シュートに持ち込むことは無い。誰も彼のように相手 DF のプレッシャーから逃れて加速したり、ボールを軽く蹴って思い切り良くゴールスコアリングポジションに切り込むことはない。ロフタス=チークならできる。

彼は特別な選手であり、チェルシーはユニークな攻撃能力を持つプレイヤーを起用して中盤の 3人に異なる次元を加える必要がある。上述の 3人は文句のつけようもない選手たちだが、彼らは攻撃についてはロフタス=チークが持つ脅威の半分も持ち合わせていない。

引用元 The Chelsea Chronicle、和訳者 cheren

 

コメント