マウリツィオ・サッリのオプション:ウィンガー・ストライカーとチェルシーでの4-3-1-2

Chelsea

像出典元 The Pride of London

MF ジョルジーニョを封じこまれた場合のプランB が無いと指摘されているチェルシーに対して、地元メディアがこの状況を打開するための方法について提案しているようです。

 

引用記事

トッテナム・ホットスパー FC 戦で明らかとなったチェルシーの敗北の要因について、一番大きなものの 1つはプランB の欠如だった。

新しい選手以外のオプションで、マウリツィオ・サッリのツールボックスには何があるだろうか。チェルシーの『サッリズモ』はまだその本領を発揮しているように見えていない。チームはまだ不均衡であり、依然進行中の作業である。

チームはボールポゼッションよりもはるかに優れているが、彼らはまだマウリツィオ・サッリの戦術に頻繁に関連する速度と垂直性が欠けている。さらに、MF ジョルジーニョが無力化されてしまった場合、ブルーズは試合で何かを成すために大変な苦労を強いられている。

まだ進行中の作業であるこの状態から、サッリが現在のチーム構成でイジェクトボタンを押すのは驚くべきことだ。しかし、トッテナムは完全にプランB の欠如を明らかにした。チェルシーがジョルジーニョをプレーさせられなかったり、ポゼッションを維持できない事態に陥った場合、彼らには何か他に拠り所にできる戦術が無いのが現状である。

最も可能性が高い解決策は、現在のフレームワークでチェルシーを支援できる移籍市場で新たな選手を仕入れることでソリューションを見つけることだ。しかし、それは 1ヶ月後のことでもあるし、そして何よりサッリは答えを市場に求めるのではなく、彼の支配下に居る選手たちを指導することを好む。

そしてそれは問題を提起する。すぐにプランB が必要な場合、サッリのツールボックスには一体何が入っているのだろうか?

スポンサーリンク

最初のプランB は、サッリが簡単にトッテナム戦に使用した手法だ。ウィンガーをフォワードの位置に動かす。サッリは FW ゴンサロ・イグアインがユベントスへ移籍したあとの SSC ナポリで、FW ドリース・メルテンスをスポットに置くことによってこれを行った。多くの人は、これが偽9番の使用であると主張していたが、サッリの手法には従来の伝統的な役割とはほとんど共通項が無かった。

代わりに、ストライカーの役割を担うウィンガーは、内側または外側を切っているウィンガーとポジションを交換でき、あるいはハーフスペースへのパスをオプションとして機能させられるストライカーとして非常に良くプレーしていた。それだけのこと、ごく簡単な方法だ。

サッリはトッテナムに対して、FW エデン・アザールにその役割を担わせて簡単に取り入れることを試した。しかし、状況はあまり変わっておらず、チェルシーの現在の問題を本当に修正するものではない。

第2 の選択肢は、サッリがセリエA のエンポリ FC や SSC ナポリの初期に使用した 4-3-1-2 フォーメーションへの復帰だ。実際、今シーズン、チェルシーはビルドアップを増やすために形を取った。

サッリのチェルシーは、MF とストライカーの間にハザードを落とし、他のウィンガーはピッチを上げている。これは全てではないがジョルジーニョへのプレッシャーを弱め、ハザードをターゲットポイントにする。

最初からこのオプションを使用するための別の手法は、アザールをピッチアップさせ、そのポジションに別の MF を起用することだ。

現在の中盤の 3人のスターターに先立って、MF ルーベン・ロフタス=チークあるいは MF ロス・バークリーのようなダイナミックなプレイヤーを追加して、ラインアップを変えていくことができる。アザールはより高い位置に留まることもできるし、ビルドアップの別のオプションを追加するためにポジションを下げることもできる(これは 4-3-2-1とは異なる)。

唯一の欠点は、チェルシーが既にビルドに直面している問題であるフォーメーションの狭さである。フルバックもそれ自体で幅を提供することはできず、彼らはピッチを上がることはできないだろう。

しかし、それはジョルジーニョがマークされている試合に対処するために時々変えるだけかもしれない。ナポリには、この澱んだ状態を乗り越えられる 4-3-3 の選手がいたが、チェルシーにはそのような選手が欠けている。したがってアザールへの集中、または 4-3-1-2 フォーメーションへの転換は理想的ではないかもしれないが、彼らが必要とするまさに今というタイミングで、チェルシーを変えるには十分な違いになるかもしれない。

引用元 The Pride of London、和訳者 cheren

 

コメント