チェルシーが抱えるカンテとアザールに関する大きな問題

Chelsea

画像出典元 Metro

チェルシーがトッテナム・ホットスパー FC 戦に敗れてから様々な問題点がフォーカスされていますが、とあるメディアはカンテとアザールに関する問題を取り上げているようです。

 

引用記事

マウリツィオ・サッリは、先週のトッテナム・ホットスパーズ戦後のみならず、ウェンブリーで試合が開始される前の段階から、自身のチームにとって大きな問題があると公然と認めていた。

サッリは、チェルシーが先週土曜日まで 18試合無敗を続けており、スタンフォード・ブリッジでの彼の指揮への印象的なスタートについて、チームのプレースタイルの見直しは歓迎すべき革命だった。

特にアントニオ・コンテの支配が終わった後、選手とファンは 1年前にタイトルを獲得したカウンター・サッカーが、特に強大な相手チームに対しては優先順位が制限され有効的に攻めきれず弱体化することに不満を抱いた。

しかし、チェルシーは現実的なチェックにより、サッリの選手たちはウェンブリーでスパーズに圧倒され、群がられ、打ち負かされて完全に対処されてしまい、そして彼らの 3−1 に値する勝利を提供してしまった。

スポンサーリンク

しかし、サッリは、彼がそれが来るのがわかっていたと主張していた。また、試合前に選手たちに対し、これほど悪い結果もあり得ることさえ警告していた。

喧騒が落ち着いた後、サッリは練習場で選手たちと 1対1 のミーティングを開き、彼らの決意と要望を確認した。

しかし、サッリの戦術的変化は日曜日のフルハム FC 戦に先立って対処しなければならない問題を引き起こしたため、スパーズ戦での敗戦の立ち振る舞いは、態度を超えた疑問を引き起こした。

引用元 Metro、和訳者 cheren

 

サッリはカンテのベストを獲得できるか?

今週初め、サッリは MF エンゴロ・カンテが MF ジョルジーニョを犠牲にして彼が好むディフェンスの役割に戻ってこないことを確信していた。そして自分の体制でその位置でのプレーに必要技術的資質を持っていないとフランス代表に示唆した。

プレミアリーグへの到着以来、カンテは 2つの異なるチームでタイトルを獲得し、ロシア・ワールドカップで優勝したフランスのチームの中核を成すことによって、世界で最も優れた守備的 MF の 1人に選出された。

しかし現在、スタンフォード・ブリッジを担当するサッリの下では、カンテは、ジョルジーニョに適応するためにディフェンス的なポジションを失い、コンテが本来備えている特質に害を及ぼしてハイブリッドな役割を採用することを余儀なくされた。

ジョルジーニョは間違いなくより良い広い視野を持っており、中盤の底からのプレーを指示する彼の能力は、サッリが SSC ナポリで実践したのと同じスタイルのプレースタイルを素早く再現するために不可欠であった。

しかし、今夏のディディエ・デシャンが選出するフランス代表のチームシートに真っ先に名前の挙がる選手だったカンテは、もはやチェルシーのディフェンスを担当しておらず、サッリはジョルジーニョにその仕事を依頼することもできない。

サッリの下でのカンテの指標の低下は驚くべきことではない。コンテの下での 2シーズンは 90分間の彼の平均タックル数は 3.5 だったが、今は 1.8 に低下している。彼のインターセプト数も 90分当り 2.5 から 1.3 に低下し、ボール奪取率も昨年よりも悪化している(90分に 9.3 から 5.8)。

スポンサーリンク

サッリは今、カンテをジョルジーニョに随行できる MF になるように、事実上再訓練するというトリッキーなテストに直面している。

チェルシー監督は、スパーズ戦での敗北前から既にカンテのポジションセンスには批判的だった。彼はウェンブリーで「あまりにも攻撃的だ」と主張し、ジョルジーニョに十分に近づかなかったことによりチームのバランスが揺さぶられた。

しかし、サッリの中盤に関する頭痛の大部分を占めているのは、エバートン FC とスパーズがイタリア人 MF を無力化した結果である。

両方のチームがそれを重要な戦略の 1つとし、ボールが彼の近くにあったとき、試合を通して実際にジョルジーニョをマン・マークしたことにより、チェルシーの DF は彼らの攻撃を調整することができなかった。

これまでのところ、サッリはカンテをチェルシーの中盤の中心に戻すという考えを想像させることさえしていないが、フランス代表 MF が引き続きロスを見せてしまうと、イタリア人は再編が必要になるだろう。

引用元 Metro、和訳者 cheren

 

エデン・ハザードに関する懸念

2ヶ月前、サッリは FW エデン・アザールに今季 40ゴールを決めさせようとしていた。しかし、ベルギー人は 10月の初めから 6回の出場でわずか 1得点をマークしたのみだ。

指標から何を見るべきかを理解することは難しくない。

アザールは、今季初めの AFC ボーンマス、カーディフ・シティ FC、ウェストハム・ユナイテッド FC、リバプール FC、サウサンプトン FC と対戦した際は、バイタルエリア内でボールに平均 8回タッチしていた。しかし、マンチェスター・ユナイテッド FC、クリスタル・パレス FC、エバートン FC、トッテナム・ホットスパー FC に対する彼の直近 4試合のプレミアリーグ戦では、これが 3.5にまで落ちている。

同期間中、彼のシュート数はゲーム当たり平均 3回から 2.2回に低下し、枠内シュート数も 2.6回から 1回 となっている。

明確に言えばおそらく、アザールがチェルシーで得点したのはサウサンプトン戦が最後であり、アザールと FW オリビエ・ジルーが並んでプレミアリーグ戦に共に先発出場した最後の試合だった。

アザールは、ジルーと一緒にプレーすることを好むという事実を秘密にしておらず、今シーズン初めにフランス人ストライカーを「世界のベストターゲットマン」と呼ぶまでに至っている。

彼の直近のプレミアリーグ出場 4試合では、アザールはジルーではなく FW アルバロ・モラタと並んでいる。その関係は同じではなく、ベルギー人はその期間は唯一アシストを 1つ決めただけだ。

サッリは、アザールが完全なフィットネスの状態ではないことを認めている。彼はトレーニングに参加できる時間を制限する背中と足首の怪我を抱えているからだ。

しかし、サッリの問題は、モラタがベルギー人との強いつながりを失った後はジルーに依存することが見えていることから、アザールのフィットネスに対する懸念よりも深刻だ。

引用元 Metro、和訳者 cheren

 

コメント