チェルシー、インテルFWイカルディ、ポルトDFエデル・ミリトン獲得レースの現状

Chelsea

画像出典元 sportskeeda

来年 1月の移籍ウィンドウ再開を踏まえ、チェルシーが獲得を狙う選手たちの現状について、地元メディアが報道しているようです。

 

引用記事

こんにちは、デイリー・チェルシー・トランスファー・ラウンドアップへようこそ。チェルシーの最新のニュースや噂をすべてお届けします!

今シーズンがスタートして以来、チェルシーは主要タイトル候補クラブの 1つとして挙げられている。しかし、現在ブルーズはマンチェスター・シティ FC とリバプール FC といったプレミアリーグの巨人のペースに食らいつくために苦戦しており、現在は順位表の 3位に入っている。

マウリツィオ・サッリは、来年 1月に新たな選手たちを獲得したいという願いを秘密にしていない。これがチェルシーが多くの選手とつながり、様々な噂を呼んでいる理由である。

今日のブルースについて、噂の火の元から漏れ伝わるニュースを追っていこう。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

 

DF エデル・ミリトンの獲得レースに参加

Daily Mail によると、チェルシーは、FC ポルトの CB エデル・ミリトンとの契約に関心を持つ当事者のリストに加わった。 昨夏、サンパウロ FC から 720万ポンド(10.4億円)で FC ポルトに加わったブラジル人は、エバートン FC、マンチェスター・ユナイテッド FC、ユベントス FC のターゲットとなっている。

ミリトンは右 SB と守備的 MF としてプレーすることができ、ブラジル代表にも招集された実績がある。彼は FW ウィリアンや DF ダヴィド・ルイスと同じエージェントを持っていると理解されている。

20歳のミリトンは今シーズン、全大会で 12試合に出場している。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

スポンサーリンク

インテル FW マウロ・イカルディへの追撃を加速

レアル・マドリードとチェルシーは、インテル・ミラノの狙撃手 FW マウロ・イカルディを追いかけている。アルゼンチン人はまだサン・シーロで契約を更新していない。

どうやら、イカルディはレアル・マドリードへの移籍に興味がないようだ。スペインへの移籍について尋ねられたとき、彼はコメントしている。

「私はどこにいてもいいが、結果を考えれば、これが適切な時期だとは思わない。」

サッリは、すべてのシリンダーで射撃することができる FW が必要であり、アルゼンチン人を彼の仕事をこなす完璧な人物と見なしている。

彼は今シーズンのネラズッリで 12試合に出場し、9得点を挙げている。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

スポンサーリンク

レアル・マドリーのプレイメーカー、イスコの価格を知る

レアル・マドリードはチェルシーに、ブルーズが現在の契約で 6億2000万ポンド(約899億円)の契約条項を締結しない限り、イスコを売却しないと語った。

スペイン人は、サンティアゴ・ソラーリがレアル・マドリードの新監督に任命されてから、サンティアゴ・ベルナベウでチーム内の序列が急激に落下している。チェルシーはプレイメーカーと相当な期間リンクいるが、マンチェスター・シティもまたこの選手に興味を持っているようだ。

スペインのジャーナリスト Eduardo Inda 氏は、プレミアリーグへの移籍はカードとしてあると主張している。

「彼ら『レアル・マドリード』は、イスコが自分のことをしようと考えてこのグループに参加しておらず、そして彼は自分の体重に問題を抱えており、プレミアリーグに行くことを考えている。」と語った。

「彼はチェルシーからのオファーとマンチェスター・シティのペップ・グアルディオラからのオファーを持っている。」

イスコは 2013年にマラガ CF から移籍して以来、レアル・マドリードで 252試合出場した。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

 

 

コメント