マウリツィオ・サッリ、ジョルジーニョの最大の弱点を明らかにする

Chelsea

画像出典元 football.london

先日行われたプレミアリーグのフルハム FC 戦に 2-0 で勝利したチェルシーですが、その試合後に行われた会見でサッリ監督はジョルジーニョの最大の弱点を明らかにし、その弱点をカバーするためのカンテの重要さについて述べたようです。

 

引用記事

イタリア代表 MF は今シーズンブルーズに入団して以来、良い影響を与えてきた。

チェルシーのスターは「オープンスペースではあまり良くない」ので、マウリツィオ・サッリは、ディフェンスの際に MF ジョルジーニョに近くに留まる役目として MF エンゴロ・カンテが必要であることを明らかにした。

スポンサーリンク

ジョルジーニョは、今夏 SSC ナポリから移籍して以来、スタンフォード・ブリッジで素晴らしいスタートを切った。彼は監督サッリの哲学の大部分であり、チームが望むものをもたらす人物である。

しかしながら、彼は FW ソン・ヘンミンが得点したときにトッテナム・ホットスパー FC に敗北し、また何度もディフェンス的に弱さを露出してしまい、カンテが深いポジションでプレーすべきどうかについて議論が巻き起こった。

しかし、カンテのプレーについて話し合うとき、サッリはまたジョルジーニョがワールドカップ優勝者であるフランス代表の保護を必要とするという弱点について触れた。

「私はカンテがとてもうまくやってくれたと思う。彼はとても守ってくれた」とサッリは語った。

「彼は戦術的な観点からもう少し改善する必要があると思うが、それは当然だ。代表チームでは、通常 2人の MF と一緒にプレーするからだ。

「昨シーズン、時には 2人、あるいは 3人 の MF が同じポジションにいた。だから私は彼が改善する必要があるのは当然だと考えている。

「今日、(彼のポジショニングは)良くなったと思う。ボールが相手側の陣地にあるときはもっと良かった。私はファースト・ハーフで 1つの間違いがあったのを覚えている。

「相手側にボールが渡っているとき、彼はジョルジーニョのとても近くに居なければならない。じゃなければ、それは大きな問題になる。

“ジョルジーニョは対戦相手からのパスをカットすることができるが、彼はオープンスペースのディフェンス・フェーズではあまり良くない。なので私たちはカンテが彼の近くに居てもらう必要があると思う。」

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

コメント