私がここにいる理由:アザール兄弟三男のキリアン・アザールは語る

Chelsea

画像出典元 Sport Witness

昨年チェルシーの U-23 と契約し、現在はベルギーのサークル・ブルッヘにレンタル移籍しているエデン・アザールの弟、キリアン・アザールがチェルシーに入団した理由を地元メディアに語っているようです。

 

 

引用記事

過去にエデン・アザールとトルガン・アザールの両方と契約したことで、3人の兄弟うち最も若いキリアンとも契約し、チェルシーがフルハウスを完成させるまでには時間の問題のように思われた。

最初の問題は、彼が本当に兄たちのように育たなかったことだった。そして彼の軌道は異なる方向を向くようになり、ハンガリーの首都ブタペストをホームとするウーイペシュト FC で 2シーズンを過ごすこととなった。

しかし、ブルーズから少し離れていたが 2017年の夏にはチェルシーは彼をスタンフォード・ブリッジに連れて行き、3年契約で彼にサインした。

昨年のシーズンを U-23 で過ごした 23歳の彼は、新しいクラブをレンタルで見つけようとしたものの、今シーズンは出身国、ベルギーのサークル・ブルッヘにレンタルで出向することとなった。

スポンサーリンク

ファーストチームで自分の場所を見つけるのに時間が掛かったが、若手 FW は今、11月初めにゴールも決め、試合の時間を楽しんでいる。

週末に DH に座って、アザールはチェルシーへの移籍について話し合った。そして、誰もが絶対に衝撃を受けるようなことを明らかにした。

彼は言った。「その選択はかなり簡単だった。問題は、ウーイペシュトのオーナーとうまくやっていたが、シーズン終了時に前十字靭帯に負傷を負ったことだった。私が負傷から戻ったとき、彼は私を信じていたので新しい契約にサインしたが、問題は監督が、『私が彼を見捨てた』と思いこんでいたことだった。

「ハンガリーカップ決勝では負傷し、そしてクラブは試合に敗れた。それは私のせいだったので、彼はもはや私を望まなかった。移籍ウィンドウが閉まっていたので状況は少し複雑だったが、チェルシーが私を助けてくれた。私はちょうど新しい契約にサインしたばかりだったので私についた移籍金は少し高価だったが、ブルーズは買う手段を持っていた。それが私がチェルシーに入団した理由だ。」

クラブのファーストチームで 2年間プレーした後にリザーブの立場でのサッカーへの復帰は、若い FW にとっては受け入れがたいものだったが、西ロンドンクラブが彼の改善に貢献して以来、彼は「不平は言えなかった」と認めた。それは彼が今サークル・ブルッヘに居るからだ。

エデン・アザールの弟がスタンフォード・ブリッジへの移籍に手を携えていたかどうかについて、彼は答えている。

「もしエデンがそこに居なかったら、チェルシーは私を買っていないだろう。 それはとても明確だ。 兄は私を助けてくれた。」

ハザード兄弟の最年少は、チェルシーの U-23 にサインすることについて「後悔はない」と説明した。しかし、彼はそこで 2年目のシーズンを迎えることができなかったため、ベルギーへレンタルで移ってシーズンを過ごしていることを明らかにした。

引用元 Sport Witness、和訳者 cheren

 

コメント