レアル・マドリードへの移籍に合意したFWエデン・アザールに代わる5人の選手

Chelsea

画像出典元 talkSPORT

ラ・リーガの巨人レアル・マドリードへの移籍について個人合意したと報道された FW エデン・アザールが抜けた後について、地元メディアが彼の穴を埋める候補となる 5人の選手を挙げているようです。

 

引用記事

ベルギー人はスタンフォード・ブリッジから遠ざかり、それをレアル・マドリードが望んでいる。

FW エデン・アザールはチェルシーの親友だが、ジレンマに巻き込まれている。クラブに滞在して新しい契約を結ぶか、あるいはもはや秘密でもない彼の望み通り、レアル・マドリードでプレーするか。彼がチェルシーを離れるなら、それは例外的な才能の選手が抜けた穴を埋めるために必死にならざるを得ないチェルシーにとっては、大規模な損失となるだろう。

彼の代わりとなる選手を見つけ出すのは確かに簡単ではないだろうが、talkSPORT.com が発見したスタンフォード・ブリッジで No.10 のシャツを継承する選手になる可能性のある 5人の選手たちを見てみよう。

引用元 talkSPORT、和訳者 cheren

スポンサーリンク

 

FW ウィルフレッド・ザハ (クリスタル・パレス FC)

いくつかはこの組み入れにより素早く払いのけるだろう。

なぜチェルシーは、マンチェスター・ユナイテッド FC での短い期間でトップクラブに足を踏み入れた素人同然だった選手を欲するのか?

まぁ、それは 4年前のことであり、クリスタル・パレス FC に戻ってから過ごした間に、25歳はかなりプレイヤーとして成長している。彼らが昨シーズン降格を免れたのは彼のおかげでもある。

チェルシーは、ザハが何をすることができるのかを直接目撃した。最初は 2017年 4月のスタンフォード・ブリッジで、彼のファインゴールによってチェルシーから 2-1 での勝利をクリスタル・パレスにもたらしたとき。そしてその年の 10月に膝の負傷から復帰してイーグルスを活性化させたとき。リーグ戦で 8試合勝利の無かったイーグルスは、彼の劇的な勝ち越しゴールでチェルシーを撃破している。

アザールのように、ザハは彼の最高のサッカーを左から展開し、彼の電撃的なスピードとテクニックで切り詰める。

プレイヤーはしばしば自分と同じかそれ以上のレベルに挑戦することで自身の実力を上げる。ザハは彼の過去の経験を繰り返さないことを熱望しているだろう。

引用元 talkSPORT、和訳者 cheren

 

FW カラム・ハドソン=オドイ(チェルシー)

18歳の選手は既にクラブにいるというメリットがあるが、冷水を浴びせられるような不利益を被っている。ただ、マウリツィオ・サッリが彼の進歩に対して慎重なアプローチを採用しているにもかかわらず、ハドソン=オドイはチャンスが与えられれば、本当の才能になる可能性があることを示している。

彼のプレシーズンへのインパクトは、ファースト・チームでの継続的な出場機会とコミュニティ・シールドでの先発出場をもたらした。

ヨーロッパ・リーグでのゴールとアシスト、限られた出場機会んもかかわらず、チェルシーのファンは、ワンズワース生まれのアタッカーが持っている自信と能力をエキサイティングに垣間見ることができた。

アザールに代えて彼を使うことを提案する。今のところ、そこは彼がいなければならない場所だ。最高の環境は最高の経験を得て、そして学ぶ機会でもある。そしてなによりも、彼の将来は非常に有望である。

引用元 talkSPORT、和訳者 cheren

 

FW ガレス・ベイル(レアル・マドリード)

ベイルは世界で一番良い選手であり、彼はチェルシーの大規模な契約になるだろう。

トッテナム・ホットスパー FC で活躍してプレミアリーグで実証された彼は、5年前にスペインに移籍して以来、その期待を上回っている。

怪我がサンチャゴ・ベルナベウでの出場機会を妨げていたが、ウェールズ代表 FW はクラブ、そして 4つのチャンピオンズ・リーグに多大な貢献を果たした。しかし、彼はレアルの気まぐれな支持者によって評価される感謝の気持ちが残っている。

FW クリスティアーノ・ロナウドが退団して以来、ベイルは彼の後継者になるという一般的な信念に耐えられなかった。

間違いなく、アザールよりもさらに強力なゴールゲッターがいれば、より大きな攻撃の脅威について論じる人も出てくるかもしれないが、29歳の彼はピークに達している必要があり、これは魅力的な動きをする彼の最後のチャンスかもしれない。

引用元 talkSPORT、和訳者 cheren

スポンサーリンク

 

FW イルビング・ロサノ(PSV アイントホーフェン)

メキシコ代表はワールドカップでのドイツ戦で、唯一のゴールを決めて 1-0 で下し、メキシコに勝利をもたらした。この試合での印象的な活躍によって、彼は注目されるようになった。

今シーズン、23歳の彼はわずか 13試合で 10回ネットを揺らしている。

ロサノはダイレクトプレーに優れ、素早く、ロシア・ワールドカップだけでなくチャンピオンズ・リーグでも大きなステージで活躍できることを実証した。 チェルシーが彼を獲得できるなら、大きなクーデターになるだろう。

引用元 talkSPORT、和訳者 cheren

 

FW ロレンツォ・インシーニェ(SSC ナポリ)

既にサッリの下でプレーした経験があるため、すぐにスタンフォード・ブリッジへの才能あるイタリア人の移籍が実現しても驚くことはない。

インシーニェは、わずか 5フィート 4インチ(約165cm)の身長でありながら、通常 4-3-3 フォーメーションで左に配置され、さらに中心的役割を果たしたり、さらに FW としても振舞うことができる。

彼の直近の 4シーズンの成績は 13, 20, 14 ゴールであり、今シーズンは既に 10ゴールを決めている。

悪名高い守備的なリーグであるセリエA において、かなり印象的な数字を挙げており、以前のチームメイトの MF ジョルジーニョがプレミアリーグの生活にどれほどの時間を費やして落ち着いたかを見れば、インシーニェについて疑いの余地はないだろう。インシーニェにも同じことをするように誘惑されるかもしれない。

引用元 talkSPORT、和訳者 cheren

 

 

コメント