サッリはアーセナルのウナイ・エメリのように戦略に柔軟性を持つべきだ

Chelsea

画像出典元 CaughtOffside

今週末にプレミアリーグ覇者マンチェスター・シティ FC との大一番を迎えるチェルシーに対し、サッリが今取れる不振からの脱却方法を地元メディアが提唱しているようです。

 

引用記事

素晴らしいスタートを切った後、車輪はマウリツィオ・サッリのチェルシーから脱輪し始めている。

それに直面しても、昨シーズンに比べて事態はそれほど悪くはない。確かに、シーズン開始から長い期間無敗を維持していた後にブルーズは突然 2敗を喫したが、彼らは依然ヨーロッパ・リーグではうまくいっている。

しかし、チェルシーはヨーロッパの最高峰ではない第2層の大会で直面している格下といってよい対戦相手は打破しているが、サッリ率いるクラブはプレミアリーグの過去 10試合でわずか 4勝しか挙げられておらず、プレミアリーグのタイトルを狙う位置から脱落してリーグの順位表で 4位、首位のマンチェスター・シティ FC から勝点 10 も離されて一線を引かれてしまっている。

このスランプを打開するために、サッリがチェルシーでの非常に有望なシーズンをどのように軌道に乗せることができるか、その検討に値する 5つの提案がここにある。

引用元 CaughtOffside、和訳者 cheren

スポンサーリンク

 

MF エンゴロ・カンテを守備中盤に戻す

事実を正直に受け入れよう。カンテの実験は実際に機能していないではないか。

MF ジョルジーニョ、MF マテオ・コヴァチッチ、更には MF ロス・バークリーのような選手たちと一緒に、ブルーズの早いスタートは綺麗にギアが回っていた。今のカンテは、実際に攻撃的な MF であるポール・ポグバが楽しんでいたよりも、もっと高度な役割に変わっている。

フランス代表 MF は、現在地球上で最善の守備をこなす中盤の選手ではないにせよ、唯一無二の選手である。カンテの夢は、4バックまたは 3バックの前に居ることだ。

サッリが何か新しい方策を試す間、一流の仕事ができる選手にもう少しその不安定なディフェンスを保護させるべきだ。

引用元 CaughtOffside、和訳者 cheren

 

FW エデン・アザールをストライカーポジションで起用する

来年 1月に新しい契約を結ぶまでは、アザールにチャンスを与えるだけでなく、チェルシーのストライカー問題に関してサッリが手を打てる方策はそれほど多くない。

ベルギー代表がアントニオ・コンテの下で行ったこれまでにプレーしてきたポジションである程度の成功を収めたにもかかわらず、サッリの下ではその位置でのプレーとはかなり異なる時間になるだろうと想像できた。

現時点では、ワイドに展開してプレーするだけではアザールからの恩恵は最大限に得ることができない。27歳の彼は、直近の 7試合でチェルシーに得点を提供できていない。しかし、FW アルバロ・モラタと FW オリビエ・ジローが無駄にしているチャンスを確実にモノにするためには、彼に別のポジションを試すセッティングが良いのかもしれない。

引用元 CaughtOffside、和訳者 cheren

 

調子を落としている選手を外して若手選手を起用する

チェルシーで試合に出場している多くのシニアの選手は、現在自分のポジションを正当な競争の末に獲得できているわけではない。DF ダヴィド・ルイスと FW ウィリアンはその最たる例だ。

これまでのように、ブルーズにはこれから羽ばたこうとする多くの若いタレントたちが居る。彼らがかつてチェルシーから離れていった FW モハメド・サラーや MF ケヴィン・デ・ブライネのような道を歩むことになるのであれば、ライバルたちを更に強化させることになる。

ルーベン・ロフタス=チークは重要な役割を果たす価値のあるプレイヤーであり、彼を試そうとより多くの出場機会を獲得しているようだが、カラム・ハドソン=オドイもまた、ウィリアンの代わりとして起用されるケースもある。

ダヴィド・ルイスに関しては、非常に才能のある DF アンドレアス・クリステンセンのために CB 起用のチャンスを増やすにはどうしたらいいのだろうか?

引用元 CaughtOffside、和訳者 cheren

スポンサーリンク

 

アントニオ・コンテ時代の勇者を連れ戻す

最近のメディアの推測によると、2年前に素晴らしいアントニオ・コンテのチームの屋台骨を形作った多くの選手が、すぐに途中出場する可能性がある。

DF ガリー・ケーヒルや MF セスク・ファブレガスの未来は、今シーズンはほとんど触れられていないが、FW ビクター・モーゼスもまた、今シーズン不当に冷遇されている選手である。

たとえファブレガスが本当にシーズンの後半にチーム内で彼の場所を固めただけであったり、ベンチから輝いたりしたとしても、3人ともチェルシーの 2016/17 シーズンでは最も重要な選手たちだった。

ケーヒルは毎週最高レベルでプレーすることはできないかもしれないが、彼の質と経験は確かにセンターバックの一人として起用する価値がある。モーゼスはフルバック、ウイングバック、またはワイドフォワードのいずれかで有用な選択肢であり、彼の現状よりもっと注目を集めるのは間違いない。

引用元 CaughtOffside、和訳者 cheren

 

ウナイ・エメリのようになる

アーセナル FC のウナイ・エメリが今シーズン就任した新監督として非常に印象的だったことの 1つに、彼が試合の状況に反応して必要な変更を適切に行うことが挙げられる。

注目すべきは、ガナーズは今シーズンの前半に試合をリードしていないが、後半には改良を続けている。エメリは、試合途中に人員やシステムを変更することを恐れない。

一方で、サッリは彼の哲学から揺らぐことがなく、彼の方針が非常に固くセットされているようだ。彼のベンチ入りメンバーたちは想像力が不足していることが多い。たとえば、ちょうど短い時間前にコンテのもとでチェルシーが成功を収めた 3-4-3 フォーメーションに移行するのではなく、単に 4-3-3 を踏襲してそのように置き換えるだけである。

これは、ルイスのような選手の中でより良い形を紡ぐための方法かもしれないが、DF マルコス・アロンソと並べてより多くの CB を置くことで、より多くの攻撃を自由にし、より幅を広げることができるのだろうか。

引用元 CaughtOffside、和訳者 cheren

 

コメント