マーティン・キーオン、サッリはアザールの問題に苛立っていると語る

Chelsea

画像出典元 Express

日本時間土曜日深夜に行われるプレミアリーグのビッグマッチ、チェルシー VS マンチェスター・シティ戦でチェルシーの今の状況を打開する鍵はここ暫くゴールの無い FW エデン・アザールの復調にあると現 TV 解説者のマーティン・キーオンが述べたようです。

 

引用記事

チェルシー監督マウリツィオ・サッリは、FW エデン・アザールの最近のスランプから抜け出させなければならない。

これは元アーセナル DF マーティン・キーオンの言葉である。

アザールは、プレミアリーグが開幕してから最初の 8試合で 7ゴール 3アシストを記録し、驚異的なスタートダッシュに成功したが、その後リーグ戦 6試合でゴールの無い状態が続いている。

ベルギー人は、今夏のロシア・ワールドカップ以来、西ロンドンでの彼の未来を疑う余地があり、彼自身もレアル・マドリードへの移籍を夢見ていると認めている。

スポンサーリンク

スタンフォード・ブリッジの忠実なファン達は、かつての FW クリスティアーノ・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッド FC からラ・リーガの巨人ロス・ブランコスへ移籍したことに似ているかもしれないと認めていたが、アザールがうまくいっている間にそれは消化しやすくなっていた。

最近の調子の急降下はチェルシーの吃音と相関があり、それは彼らが提供した勝点 12ポイントのうち 4点だけしか獲得できていないことで明らかとなっている。

トッテナム・ホットスパーズ FC 戦で無敗の記録を失ってから 11日後に週半ばのウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ FC 戦で敗戦を重ねてしまい、その特異な方法が疑問視されているサッリにプレッシャーをかけている。

アーセナルのレジェンドであるキーオンは、イタリア人戦術家はアザールの急落に対する責任を負わなければならないと考えている。そしてもっと重要なことは、彼の調子を安定させることだと指摘している。

キーオンは Mail Online に次のように起稿している。

「クラブと国の 11試合で、アザールはゴールを達成できていない。

「このような華麗な選手がこんな形で調子を落としてしまった場合、
彼をプッシュするのは監督の責任になる。

「マウリツィオ・サッリは彼にもっと多くのことを要求し、チェルシーが彼に頼っていることを不確かではない、確実な言葉で知らせる必要がある。」

ブルーズは土曜日の夜、リーグ首位のマンチェスター・シティ FC をホームに迎える。そしてキーオンは、アザールが彼の復帰を形作るのに最高の舞台であると感じている。

「エデン・アザールが調子を取り戻しているときに、彼にチェイスできる DF がワールドクラスでも居るとは思わない。」とアーセナルのレジェンドは付け加えた。

「チェルシーでのシーズンが弱々しくなってしまったら、それはプレミアリーグでのアザールの最後となる可能性がある。

「もし彼がチェルシーを出ていくつもりなら、彼がこのマンチェスター・シティーに最初に爪痕をを残すことができるかどうかを見てみよう。」

引用元 Express、和訳者 cheren

 

コメント