マンチェスター・シティ戦で学んだ4つのこと

Chelsea

画像出典元 Football Whispers

メディアから敗戦についての様々な批判を受け、良くない状態で迎えたマンチェスター・シティ FC 戦で防戦ながらも 2-0 のクリーンシートを達成したチェルシーについて、地元メディアがこの試合で見た 4つの事柄について述べているようです。

 

引用記事

4 Things we learned: Chelsea 2-0 Manchester City | Football Whispers
Chelsea ended Manchester City's unbeaten start to the Premier League season, winning 2-0 at Stamford Bridge to ensure Liverpool will end the weekend top of the ...

チェルシーは、今シーズンのプレミアリーグ開幕から無敗を続けていたマンチェスター・シティ FC を止めた。ホームのスタンフォード・ブリッジに迎えたシティ戦に 2-0 で勝利し、同じく週末に勝利したリバプール FC が代わって首位に躍り出た。

ブルーズは開幕 45分のハーフは自分たちのやり方から抜け出せなかったが、前半終了直前にショックを与えた。

それはルート1 戦術だったが、効果的だった。DF ダビド・ルイスからの長いボールをパサーの役割を担っていた FW エデン・アザールが受け、ペナルティエリア内に走り込んでいた MF エンゴロ・カンテが沈めた。

チェルシーは後半でだんだん自信を持つようになり、78分に交代要員としてピッチに降りたロス・バークリーが議論の余地のある状況で勝ち取ったコーナーキックからリードを 2点にした。リプレイは、彼のショットがワイドに逸れたかどうかを判断するには決定的ではなかった。

いずれにしても、アザールはキックを取り、ルイスはヘディングで GK エデルソンの上にボールをループさせてゴールを決め、ホームで大きな勝点 3 を決めた。

しかし、スタンフォード・ブリッジから何を学び得たのだろうか?ここに 4つの話題がある。

引用元 Football Whispers、和訳者 cheren

スポンサーリンク

偽9番なのか、9番無しなのか

試合前の大きなニュースは、どちらのチームも適切な9番がラインナップされていないという事実だった。FW セルヒオ・アグエロを怪我で欠いたマンチェスター・シティは、21歳の FW ガブリエル・ジェズスをサブに置き、名目上はセンターフォワードポジションとして誕生日の青年 FW ラヒーム・スターリングをスターター起用することを選択した。

8月中旬にハダースフィールド・タウン FC を 6-1 で粉砕した試合からプレミアリーグでゴールできていないブラジル人が、このような大きな試合で調子を崩し、自信を欠いていることがはっきりと感じられた。

火曜日のワトフォード FC 戦でジェズスをスターターに導いたが、シティーが 2-1 で勝利を見せた試合でいくつかの決定機を逃していた。

一方で、チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は、FW アルバロ・モラタをベンチ入りメンバー 18人から完全に外すことを選択した。試合前のインタビューでこの問題を質問すると、イタリア人監督は『戦術的な』判断であると説明した。

スペイン人はここ数週間でやや後退しており、10月末から 11月初旬にかけて行われた 2試合で 3ゴールを決めるという突風からプレミアリーグで決定機を決め損ねていた。

アザールは、FW オリビエ・ジルーと交代するまで、ブルーズの攻撃を先導するために選ばれた男だった。ベルギー人は静かだったが、彼は奉仕に飢えていた。しかし、最も重要だったことは、ボックス内に到着したカンテのランニングコースへボールを転がす前に、ダビド・ルイスのロングパスを前方で受けるために左に展開し、質の高い瞬間を提供したことだ。

一方、試合でシティがチェルシーの守備を打ち破ろうとする策にスターリングは遥かに関与していた。しかし、イングランド人は彼の努力の割に何も示すことができなかった。

引用元 Football Whispers、和訳者 cheren

 

カンテはサッリの決断による嫌疑を晴らした

チェルシーは、ロンドンのライバルクラブであるトッテナム・ホットスパー FC との直接対決で、今シーズン初のプレミアリーグでの敗戦を喫した後、ここ 2週間で様々な矢継ぎ早の批判を受けてきた。

新たにプレミアリーグに昇格したウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ FC はチェルシーの助けとはならず、2敗目を喫して間もなく、その批判は更にヒートアップした。

シーズン開幕後の数週間では、MF ジョルジーニョのインパクトが賞賛されたが、彼が側に居るカンテの役割に及ぼす影響は綿密な調査と研究によって見抜かれ、イタリア人はボールのユーザーとしては無敵だが、カンテを彼の自然なポジションから追い出すことは賢明ではないと示唆された。

しかし、小柄なフランス人は、サッリが若干馴染みのない役割を彼に託して信頼する理由をシティに対して見せつけた。彼は疲れ知らずであり、それを当然のこととみなしている。チェルシーの先制点を決めた彼のランニングのタイミングは、まさに熟練の得点力のある MF、まるでレジェンド、フランク・ランパードようだった。

もっと驚くべきことに、彼はアザールや FW レロイ・サネと同じように多くのチャンスを作り出していた。彼はワールドクラスの MF のままであるかもしれないが、彼はまだ、自身の役割に関係なく徹底的に優れた選手だ。

引用元 Football Whispers、和訳者 cheren

 

チェルシーはシティに勝つ方法を見つけた

 

45分の長い間、チェルシーは何も提供できなかったが、それは厳密には彼らの過ちではなかった。マンチェスター・シティのプレスの強さは、攻撃を奏でるための十分な長さのボールを保持することはおろか、ブルーズが息を呑むことすらほぼ不可能にした。

チェルシーは、前半が終わりに近づいたとき、ファイナル・サードで単一なパスですらそれほど成功させられなかった。しかし、ホストが前半の終了直前にタクトを変えたとき、彼らはすぐに報われた。

ルイスは遠方に居るアザールを見つけ、ロングパスを繰り出した。ベルギー人はカンテがホームチームの最初のラッシュで敵からの注意を逸したカンテが居るペナルティエリアの端まで見上げ、ボールをロールした。

それはサッリのプレイブックに即したゴールではなかった。結局のところ、元 SSC ナポリの監督はパスゲームを説く。しかし、それは戦術的に柔軟性があり、それに適応したいというメリットを示した。

引用元 Football Whispers、和訳者 cheren

スポンサーリンク

チェルシーが誇るマスタークラスのDF

彼らは二人ともときどき同じ批評を受けていたが、DF ルイスと DF アントニオ・リュディガーは、この試合の当初から厳しい攻撃にさらされるだろうということを知っていた。そして彼らは見事に男を上げた。

特に前半、マンチェスター・シティが持つ圧倒的なポゼッションとチェルシーのテリトリーのすべてをブルースの 2人の DF がチャンピオンから守っていた。それは偶然ではなく、スターリング、サネや MF ダビド・シルバは須らくフラストレーションの溜まる午後を耐えざるを得なかった。

特にルイスは、彼のパフォーマンスレベルの点で大きく変化している。彼はアントニオ・コンテの下で好意を失っており、もうゴミ山のに捨てられている状態だった。

彼は、スタンフォード・ブリッジで興奮しやすいイタリア人が監督のままだったなら、そのままチェルシーから去っていたことを今シーズン初めに認めた。チェルシーにとってありがたいことに、『複数の意味で』ロマン・アブラモビッチが変化を見せてくれた。

しかし、サッリはブラジル人 DF を助け、今シーズン彼の元々持っていた栄光のような何かを彼に戻した。ルイスはウェンブリーで敗北したトッテナム戦で、彼が最悪の『プレイステーションのディフェンダー』に戻ったことを深く思い出させたが、この日は必須のプレイヤーだった。

引用元 Football Whispers、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました