元チェルシー監督アントニオ・コンテが「全てを投じてでも」獲得を望んだセリエAのDF

Chelsea

画像出典元 football.london

昨シーズン 5月にマンチェスター・ユナイテッドを下して獲得した FA カップを最後にチェルシーを退団したアントニオ・コンテについて、2016年の監督就任時に「全てを投じてでも」とオーナーのロマン・アブラモビッチに獲得を要望したセリエA の DF について、地元メディアが報じているようです。何かアントニオ・コンテについて動きがあるのでしょうか。

 

引用記事

Antonio Conte wanted Giorgio Chiellini 'at all costs' when he arrived at Chelsea
The former Blues manager was keen to add defensive reinforcements when he arrived in west London

元ブルーズ監督アントニオ・コンテが西ロンドンに到着したとき、守備陣を追加することに熱心だった。

コンテは、2016年にユベントス DF ジョルジョ・キエッリーニにチェルシーとサインさせることを熱望していた。

スポンサーリンク

イタリアメディア Calcio Mercato によると、2016/17 シーズンに先立ってチェルシーに監督として入団したアントニオ・コンテは、イタリア人 DF と契約を結ぶようオーナーのロマン・アブラモビッチに直談判しようとしていたようだ。

報告書によると、キエッリーニはコンテの獲得要望リストのトップにリストアップされており、アブラモビッチに『いかなる代償を支払ってでも』守備陣に迎え入れるように主張したという。

しかし契約は成立せず、DF はトリノにとどまった。

キエッリーニはコンテの下でユベントスでの 3シーズンとイタリア代表の 2シーズン、合計 5年間プレーしていた。そして、キエッリーニはかつて、情熱、規律により結果をもたらすコンテを世界で最高の監督の 1人として評価したことを認めていた。

「コンテとの試合のときだけではない。」キエッリーニは Daily Mail のインタビューで語った。「それは終日、すべてのトレーニングセッションでもそうだった。彼は警官のようなものだった。

「彼のユベントスでの 3年間、代表チームでの 2年間、私たちは彼の雰囲気の中で非常に特別なものを感じていた。

「トレーニングを終えると、死んでいる。疲れているんじゃない、死んでいるんだ。彼がすることを信頼しているから、それをやるだけだった。

「私たちはフランスで40日を過ごした。それは別の世界に入るようなものだった。100%完全に彼と一緒に居る。 彼は雰囲気を作り、誰もが互いにエネルギーを与える。

「確かに彼は最高の監督の 1人だ。」

コンテは 5月にマンチェスター・ユナイテッドを下して FA カップを獲得した後、昨シーズンの終わりにスタンフォード・ブリッジを退団した。

引用元football.london、和訳者 cheren

 

 

コメント