サッリはついにMFカンテの完璧な役割を見つけたのか?

Chelsea

画像出典元 The Chelsea Chronicle

先日行われたプレミアリーグのマンチェスター・シティ FC 戦で先制ゴールを挙げるなど、活躍が際立っていた MF エンゴロ・カンテについて、サッリがついに彼の最高な役割を見つけたのだろうかと地元メディアが論じているようです。

 

引用記事

Has Maurizio Sarri finally found N’Golo Kante’s perfect role?
It’s taken a while, but Maurizio Sarri looks to have finally unlocked the true N’Golo Kante. The Frenchman started the season slowly, looking slightly uncomfort...

それからしばらく時間は要したが、マウリツィオ・サッリはついに MF エンゴロ・カンテの真のロックを解除したように見える。

フランス人 MF は今シーズンをゆっくりとスタートし、彼がプレイしていた高度なポジションではやや不快に感じているようだった。

スポンサーリンク

前監督であるアントニオ・コンテは、カンテを主に持ち前の守備的 MF として起用していたので、彼の創造性は彼の最も強い特性であるようには見えなかった。

そして、これは数週間前にチェルシーがウェンブリーでトッテナム・ホットスパー FC に 1-3 で敗北したときに頭に浮かんだ。

しかし、前節でチェルシーが無敗のマンチェスター・シティ FC に対して挙げた勝利は、サッリがカンテのポジションを巧く微調整できたことを強調した。

彼はプレミアリーグ前年度チャンピオンとの戦いでポジションを若干深めに敷いていたが、更にカンテはチェルシーの先制点の立役者となった。

彼は常にチェルシーのアタッカー・オプションだったが、孤独なフロントマンとしてプレーしていた FW エデン・アザールを超えて走ることは滅多に無かった。

しかし、ペップ・グアルディオラのチームに対して、カンテは彼の代名詞であるタフなタックルスタイルに戻り、最高のインターセプトを達成することができた。

彼は一貫してマンチェスター・シティの攻撃を打ち破り、しばしば粗末な決断を強いられたシティの選手たちを常に慌て急がせた。

カンテは MF ジョルジーニョと並んで重要な流動性を提供する。そしてそれは、フィジカル勝負が特徴のプレミアリーグではますます非常に重要になるだろう。

今のところ、サッリが将来的に成功するためには、カンテを中盤で快適に感じさせる必要がある。

そして、昨日彼が交代でピッチから去ったとき、彼は完璧な立場を見つけたかのように見えた。

引用元 The Chelsea Chronicle、和訳者 cheren

 

コメント