リュディガー、スパーズ戦とウルブズ戦の敗北はチェルシーにとって必要だったと語る

Chelsea

画像出典元 football.london

トッテナム・ホットスパー FC 戦とウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ FC 戦での敗戦の後、プレミアリーグ優勝争いから脱落する危機的な状態だったチェルシーを堅調な守備で救いマンチェスター・シティ FC 戦の勝利に貢献した DF アントニオ・リュディガーは、直前に喫した 2つの敗戦はチェルシーの危機感を高めるために必要だったとコメントしたようです。

 

引用記事

https://www.football.london/chelsea-fc/news/antonio-rudiger-explains-losing-tottenham-15531430

DF はチェルシーがマンチェスター・シティ FC を 2-0 で下した試合で、ダヴィド・ルイスと並んで堅調なパフォーマンスを見せた。

DF アントニオ・リュディガーは、チェルシーは『苦しむ』必要があることを証明し、トッテナム・ホットスパー FC とウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ FC に喫した 2つの敗戦が、どのようにマンチェスター・シティー戦での勝利の礎となったのかを明らかにした。

スポンサーリンク

ブルーズは、MF エンゴロ・カンテと DF ダヴィド・ルイスが共にに得点した日曜日、チェルシーが 2-0 で勝利して昨年度チャンピオンのシティにスタンフォード・ブリッジでリーグ戦最初の敗北をもたらした。そして直近のプレミアリーグ 3試合で 2敗の状態を跳ね返した。

その 2試合は、マウリツィオ・サッリが『悲惨なパフォーマンス』を披露したと表現したスパーズとの試合、そしてチェルシーに衝撃を与え、2-1 での勝利を確保した新たに昇格したチーム、ウルブズとの試合だった。

それはリュディガーと残りのチームメンバーが新しい監督の恐ろしい面を見た試合だった。そのセンターハーフはウルブズ戦の敗北の後、彼は『クレイジー』になったと明らかにした。彼らは今シーズン開幕から順調に無敗を続けておりもはや苦しむ必要は無いと考えていた。しかし、チェルシーがこの状況を考え始めたとき、その苦労は必要不可欠だった。

しかし、これらの 2つの敗戦は、彼らのマインドセットを完全に変えた。そしてそれが、マンチェスター・シティに対する勝利のためにすべての戦う準備が整ったチームを誰もが見たとリュディガーが考えている理由である。

彼は試合後、「ウルブズ戦後のサッリは怖かった。」と語った。

「彼は気が変になっているようだった。しかし、この試合に負けなかったので大丈夫だった。

「翌日、サッリは非常に落ち着いていた。彼は私たちと話し、自分自身を信じなければならないことを明確にした。そして、サッリは私たちにシティに勝つ方法を探し求める一員になるよう求めた。

「私たちは一同に会して話しあった。私たち全員が何が起こっているのかを知っていたので、私たちは自分自身に嘘をつく必要もなかった。メンタルが問題だった。

「昨シーズンの厳しいときに私たちを強くしたことの 1つは、苦しんでいることを理解することだった。今シーズンは物事がとてもうまくいっていたので、私たちは『苦しむ必要はない』と考えていた。

「トッテナムとウルブズの 2チームは、私たちが間違っていたことを証明した。それがマンチェスター・シティに対して、戦う準備ができているチームになった理由だ。私たちはサポーターと共に乗り越えたいと思い、私たちはそれを成し遂げた。

「『苦しんでいる』とは、私たちが厳しい時を過ごしているときで、そんなときこそ私たちは毅然とした態度で、顔を上げてワークに励む必要がある。

「私たちはシーズンの開幕から美しいサッカーをしていた。しかしそれは、タックルに勝ち、選手の後ろを追いかけ、守備に関するすべてを行うといった見苦しい側面を忘れることではない。

「マンチェスター・シティに対して、私たちはとても客観的であり、それもまた重要だった。先月はそれは欠けていたが、シティに対してはまさに何もないところから何かを成し遂げた。」

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

コメント