チェルシーが来年1月に強化すべき3つのポジション

Chelsea

画像出典元 sportskeeda

プレミアリーグで最もスケジュールの立て込む時期である年末年始を超えると、いよいよ冬の移籍ウィンドウが開幕しますが、とあるメディアが移籍市場でチェルシーが強化すべきポジションを 3つ挙げ、補強選手を予想しているようです。

 

引用記事

3 positions that Chelsea need to strengthen in January
January transfer window is looming and Chelsea need to address some glaring deficiencies in their squad

チェルシーのチームにおける 3つのポジションは、来年 1月の移籍ウィンドウに先んじて強化する必要がある。

最近の 1月の移籍ウィンドウでは、期待されていた通りにうまくいかなかった多くの移籍が特徴となっている。

チーム内の相性を変化させて監督のシステムに迅速に調整できなかったり、シーズン半ばでの突然の方針の変更はプレーする選手たちのパフォーマンスに影響を与える可能性がある。しかし、1月はまた、シーズンの後半にクラブの命運を大幅に変えることができるパズルの最後のピースを見つける機会でもある。

チェルシーにも、期待通りの結果が得られなかった契約がそれなりにある(例えば 2011年のリバプール FC からの FW フェルナンド・トーレスの移籍)。しかし、2013/14 シーズンの冬に SL ベンフィカから MF ネマニャ・マティッチが加入するといった成功例も時折あった。ひょろ長いセルビア人は、ブルーズで勝ちとった 2つのプレミアリーグタイトルの重要な部分を担った。

チェルシーは現在、新監督のマウリツィオ・サッリのもとで所謂「革命」と呼ばれているものを進めている。イタリア人監督は、元所属チームの SSC ナポリが一躍有名となった華やかに目を引くサッカーの再現をタスクとして任されている。しかし、イタリア人がチェルシーのキャリアで素晴らしいスタートを切ったにもかかわらず、彼はにまだまだチームに彼の哲学を適切に浸透させるための時間が必要である。チームの人員もまた、いくつかの入団と退団を監視することができる。

サッリはかつて移籍ウィンドウを「弱者の避難所」と呼び、代わりに彼は選手を指導して彼らを育てたいと主張した。それでも、チーム内のいくつかのポジションで、緊急の援軍を必要とされるような懸念のあるエリアがまだ残されている。この援軍は移籍ウィンドウ、クラブのアカデミー、チェルシーがレンタルに出している選手たちのいずれかである可能性がある。

この記事では、来る1月の移籍ウィンドウで、チェルシーが強化すべき 3つの重要なポジションを取り上げている。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

スポンサーリンク

フルバック(RBとLB)

SB

画像出典元 sportskeeda

現在、DF セサル・アスピリクエタは、自分、DF アントニオ・リュディガー、DF ダヴィド・ルイス、DF マルコス・アロンソを並べたチェルシーのバックラインの右側を担当している。チェルシーがウェンブリースタジアムでトッテナム・ホットスパー FC に敗れてからというもの、彼の反対側のフルバックと同僚のスペイン人アロンソのパフォーマンスもまた厳しい監視の対象となった。

アスピリクエタは加入当初は適応に苦戦していたが、シーズンが進むにつれて一貫して改善していった。過去 4年間、左 SB か CB のどちらかでプレーしていた彼は、現在 2012年にチェルシーに入団した際の彼の慣れ親しんだポジションだった右 SB に立ち戻ってすっかり順応している。スペイン人は、攻撃フェーズ中に必要な幅を攻撃的に右サイドへ与えることができなかった。さらに、彼はまた、多彩なディフェンダーには関係せずシーズンの早い段階で防御的に不安定に見えた。

彼のサブを務める DF ダヴィデ・ザッパコスタが、チェルシーの 2人目の監督であるサッリのもとで自分自身をアピールできなかったという事実がさらに心配だ。彼の状況が変わることを示唆する予兆は殆ど無く、イタリア人 DF は来年 1月または夏に移籍先を探すかもし​​れない。

右 SB の選択肢には、ウィガン・アスレティック FC の DF リリース・ジェームスや、チェルシーからセリエA トリノ FC へレンタル中のオラ・アイナが含まれる。DF エルセイド・ヒサイは、エンポリ FC や SSC ナポリで元上司だったサッリがイングランドへ移って以来、ずっとチェルシーに繰り返しリンクしている。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

 

画像出典元 sportskeeda

左SB

 

不思議なことに、マルコス・アロンソは、彼の防御的な洞察力ではなく、空中戦の強さ、ゴール決定力、セットピースにおけるプレースキックで知られている。アントニオ・コンテの下で左側面を割り当てられていた 27歳の彼は、新しい監督の下でも素晴らしいシーズンをスタートさせた。しかし、1シーズン全体を通して、彼はパフォーマンスを持続できていない。対戦相手は FW エデン・アザールに二重、三重のマークに目をつけており、彼には左サイドでいくつかの攻撃的なサポートが必要だ。アロンソは、敏捷性でも、左サイドからの彼のフォローも、要求された基準に達していない。

DF エメルソン・パルミエリは、昨シーズンの 1月の買収から限られた機会で印象的なプレーを見せている。ブラジル人は、サッリのシステムの左 SB に必要とされるすべてを備えている。エデン・アザールや他のアタッカーは、ドリブルや効果的なクロスフェードができ、かつ非常に良い回復速度を持つタフな左 SB と仕事をしたいと確信している。これはブルーズによる多くの不意な攻撃の選択肢をもたらす。

ちなみに、両サイドのフルバックは最近数週間でチェルシーと長期契約を結んだ。 それにもかかわらず、2つのフルバックポジションでの良好な競争は非常に重要である。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

スポンサーリンク

ウィンガー

画像出典元 sportskeeda

今のところ、FW エデン・アザール、FW ウィリアン、FW ペドロ、FW カラム・ハドソン=オドイは、今シーズン、チェルシーのウィングで先発出場した選手たちである。FW ルーカス・ピアソンは、今シーズンのサッリ監督の計画から遠く離れているためカウントしない。FW ビクター・モーゼスも出場機会を得られず苦戦している。

エデン・アザールは世界でも最高峰のウィンガーの一人だ。彼が今まで以上に必要とするものは、質の高い選手たちに囲まれ、右側のウィンガーがトップクラスの選手の一人であることにある。

ウィリアンとペドロはともに 30 歳の坂を越えてしまっており、それは彼らがブルーズの長期的な計画には含まれていないと言っても過言ではない。カラム・ハドソン=オドイは先んじて明るい未来を抱いてはいるが、このティーンエイジャーはサッリ監督の計画ではまだレギュラーのスターターではないかもしれない。

今必要なことは、エデン・アザールを完璧に補完することができる彼の全盛期に近い能力を持つ最上級のウィンガーである。ベルギー人は常に野蛮な DF に囲まれているため、チームには早急にはけ口が必要である。ウィリアンやペドロは出場機会が一貫せず流動的であり、ブルーズは反対側のサイドを攻撃するための別の信頼できるオプションが必要である。

現在、チェルシーからニューカッスル・ユナイテッド FC にレンタルで出されている FW ロバート・ケネディーは有望であるが、彼の長期的な将来は他の場所に残るかもしれない。

バイエル・レバークーゼンの FW レオン・ベイリーやボルシア・ドルトムントの FW クリスチャン・プリシッチは、ここ数ヶ月でチェルシーと結びついた著名な選手である。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

スポンサーリンク

ストライカー

画像出典元 sportskeeda

おそらく、現在チームの中で最も目立つ穴だろう。

サッリは FW アルバロ・モラタをナポリでの FW ゴンサロ・イグアインや FW ドリース・メルテンスと同じようにゴールマシンに変えることができると期待していた。全盛期のスペイン人はとても見事で、非常に才能のあるストライカーのままであったように見えたが、26歳の選手には一貫性が無いことが分かった。

一方、FW オリビエ・ジルーは限定的な選手でありながらチームの貴重なメンバーでもあるが、彼は長期的にはチェルシーにとってファースト・チョイスのストライカーではない。32歳のフランス人は若くはない年齢であり、監督にとっては戦術的な選択肢である。

チェルシーがトロフィーを獲得し、ヨーロッパでベストな競争を繰り広げるのなら、彼らには決定力のある信頼のおけるストライカーが必要だ。現在の選手のオプションにはインスピレーションが感じられず、1月にブルーズは FW アルバロ・モラタを恐らくリリースして別のセンターを獲得する可能性もあるかもしれない。加えて、実際にサッリが先日のマンチェスター・シティ FC 戦に対する 2人のストライカーのいずれもスターター起用しなかったことは、現在のセンターフォワードの状況を雄弁に語っている。

FW ミシー・バチュアイは目下のところバレンシア CF でのレンタル期間で苦戦しており、彼のチェルシーのキャリアは確かではないかもしれない。アストン・ヴィラ FC にレンタル中の FW タミー・アブラハムは、チャンピオンシップで印象的な活躍を続けている。アカデミー卒業生は現在、チェルシーを離れて 3年連続してシーズンレンタルに出ており、貴重な経験を得ている。1月よりむしろ来シーズンに起こりうるかもしれないが、彼がチェルシーのファーストチームの一員になるというときがついに来たのかもしれない。

チームの欠乏に対処するためにチェルシーはどのポジションでどの選手を補充すべきだろうか。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

 

コメント